201406 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:06:52

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月30日(月)

起床時刻:06時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

○先日BHGで買った牛乳、賞味期間中なのに、腐っていた。
コーヒーに100cc位入れて飲んだら、ものすごくまずいので、
牛乳だけコップに入れて飲んでみたら、苦くてすっぱいものすごい味だった。残っていた分はすべて廃棄。
パッケージには、すごく安心で新鮮と書いてあったが…。

○このところ毎日暑いが、土曜日は特に暑かった。
午前中は茶道、お昼は夫と待ち合わせてソラナのドイツ料理店でソーセージとパスタとビールで食事。
そのあとバスに乗って北京の東南にある新興住宅地へ。
夫の知り合いがそこに住んでいてもうすぐ上海の郊外に引っ越すので遊びに行ったのだ。
我が家よりもずっと家賃がやすいのに、ずっと広くてきれい。
銅像や噴水のある公園のような小区のなかにある。
そこで夕食をごちそうになった。
ぽちゃぽちゃしたふたりのお子さんもかわいかった。
よその子は、自分の子のように面倒くさい思いをしなくていいので、
みんなかわいい。
子どもが描いた絵をみせてもらったり、ピアノを弾いてきかせてもらったり。何をしてもすごく上手。(ぱちぱちぱち)

でも、お母さんはこれからの教育のことや将来子供たちが結婚するときに家を買ってやらなければならないことを考えると頭が痛いと言っていた。
「いいわね、うささんは。もうお子さんもいい大学に入って、心配ごともないでしょう」。
いえいえ。みんな他人のことがよく思えるのである。
それにしても、中国人は子供に家を買う心配までするのだから、そりゃ、たいへんだろうと思う。でも、子供たちが大きくなるころには、不動産が値下がりしているかもしれないし、人の考え方も変わるかもしれない。
子どもが小さいころの悩み事なんて、後になるとどうでもよかったと思えることが9割以上である。でも、その時にはそのことがわかんないんだよね。

○日曜日はごろごろ。
夕方から、夫と夫の会社の若い人と夫の友人のQ大学の先生とわたしで外食。
なんだか忘れたが、少数民族の料理の店だった。わたしはグルメではないので、あちこちで食事をしてもすぐにわすれる。
Q大学の先生に「このとしで大学院に入ると、何か特別な目的や考えがあると思われるんです。わたしは大した考えもなく修士課程に入ったので、
そういうことを聞かれると困っちゃうんですよね」と言うと、
「あれまあ、そんなことを言っていないで、せっかくそういう道を選んだのだから、
ものすごくいい論文を書いてくださいよ」と言われてしまう。
はいはい。やっぱりがんばるしかないかな。てへ。

○http://video.sina.com.cn/p/news/w/v/2014-06-29/213464055661.html

このニュースでは日本のメディアはこうしたことを報道していないと言っているが、本当は日本のメディアもちゃんと報道してるみたいだね。

日別画面へコメントを読む(3)

06月28日

起床時刻:07時48分[いま起きた]ボタンで記録されました。

06月27日(金)

起床時刻:07時35分[いま起きた]ボタンで記録されました。

http://bbs32.meiwasuisan.com/food/1349907997/

こんな記事を見つけた。

カエル
ヘビ
ウサギ
イナゴ 
蜂の子
小鮒の姿煮
スズメ
ザリガニ
ハブ粉
スッポン
ウマ
イノシシ
シカ
キジ
沢蟹
タニシ
ひまわりの種
かぼちゃの種
イタドリ
カンガルー
ラクダのこぶなどなど

かぼちゃやひまわりの種は奇食?
カエル、ヘビ、ウマあたりは普通かと思ってた…(^◇^)
イタドリって何? 

●北京の王府井などで、サソリの串刺しを売っているが、
あれは生きているものでなければ食べられそうな気がする。
でも、ムカデの串刺しはちょっと無理そう。
●ヘビ、カエル、スッポンなどは、あまり抵抗なく食べられるが、
みかん、ぶどう、柿、スイカ、リンゴなどが食べられないわたし。
定食などにデザートとしてほんの少しついてくるのは、すまして食べるが、
それ以上はムリ。小学校の給食の時間はつらかった。(*´▽`*)きらいなものを残しても叱られないオトナになれて本当によかった。

日別画面へコメントを読む(10)

06月26日(木)

起床時刻:07時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日で今学期は終わり。
すぎてしまえば早いもの。あ、まだ期末論文4本終わっていない。
それができないと本当には終わらない。
今学期の苦労はこれから始まるともいえる。

●明日で抜歯から一週間なのに、まだ痛む。
歯を抜いたところではなくて、たぶん抜歯後にレントゲンを撮るときに、
口の中についた傷がしみる。
もちろん、抜いた歯の隣の歯や前歯が浮いた感じも残っていて、
そのいやな感覚が強くなったり弱くなったりしている。

そんな状態なのに、明後日の茶道の稽古が終わったあとに、夫とバイキングに行く予定。そのあと、来週の月曜日には大学の期末の食事会。

こういう時にバイキングなんか行かないほうがよさそうだが、
あれもこれも食べられない生活を送っていると普段よりも食い意地が張ってくる。

…でも、きっと大丈夫。やわらかくて辛くないものを選んで食べれば…。
(*´▽`*)

●この痛みは、1~2週間でだいぶよくなるだろう。
だけど、それだけでは終わらない。
そのあとに、さらにあごの骨にネジみたいなものを打ち込むのだ。
手術自体は怖くないけれど、そのあとにまたジクジクと痛んだら、いやだな。
何の拷問だろう、これは?

日別画面へコメントする

06月25日(水)

起床時刻:06時30分

●今日も痛い。
どんよりとした気持ちで8時からの講義に行ったら、
休講だった。( ;∀;)

その後、用事があって人文学院の事務室に行ったが、8時から開室のはずなのに、8時になってもドアが施錠してある。
しかたがないので、KFCでおかゆと油条とコーヒーで朝ごはん。
その後、9時にもう一度行ってみたら、ドアはあいていたが、担当者は不在。外でパンを買って食べていると、担当者が来たのが見えたので、もう一度行って用事をすます。
どうして中国の場合、担当者が席を外す時に、ほかの人が言付けなどをしてくれないのだろう。
「担当者はいません。いつ来るかもわかりません」と平然と言う。

大学の先生については、ホームページ上で学生が評価をすることになっている。そのせいかどうかはわからないけれど、先生はたいていがきちんとした授業をしている。
先生じゃなくて、あの事務の人たちを評価するようにしたほうがいいのではないかと思うのだが。( `ー´)ノ

●Lちゃんは今週末に帰国するらしいので、「何をお土産に買って帰るの」と聞くと、「お金ないし、中国のものは高いから土産なんて買わない。前回帰国するときに買って帰ったから、今回はもういいや」と言う。

わたしも土産なんか買う気がしない。
だって、何を買っても高いんだもの。
それなのに、日本人は、中国のものはなんでも安物だと思っている。

だから、日本で誰かに会うときに持っていく土産は、日本に帰ってから日本製品を買ったほうがましかもしれない。

でも、何も中国からもっていかないのもつまらないと思われるかもしれないから、サチマでもどっさり持って帰ろうか。
あれなら安いし、1袋にたくさん入っているし、味に癖がないし。
さいわいにも、日本から買って戻りたいものはたくさんあるが、中国から日本に帰るときにはスーツケースには身の回り物を少し入れるだけだから、10袋くらい入れられるかな。

●先日、留日学人の遠足に行ったときに、放送局のアナウンサーだという人に会って世間話をした。
「BLCUの人文学院の修士課程に通っている。大学の先生はいい人が多いけれど、事務には不満がある」というようなことを言うと、
「人文学院の事務室のLさんはわたしの親友なの」と言う。
その人はまさにわたしたちの担当の人だ…!(*´Д`)
そのあと、すぐに電話をしてわたしのことを話したみたいだ。
先に知り合いだと知っていれば、不満なんて言わなかったのに。
世の中は実に狭い。

日別画面へコメントを読む(4)

06月24日(火)

起床時刻:07時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

●昨日は午前中は歯科で抜歯後の消毒。
午後は講義。

外にいるときは気が紛れているのだが、じっとしていると抜いた歯の隣の歯がうずうず痛んで気持ち悪い。

●今日はお休みなので、どこかに行こうと思ったが、なんとなくだるくて何もする気になれず、一日ぼんやりして過ごしてしまった。
暑いし、歯が痛いので食事も適当に済ませていたせいか、
ぜんぜん元気がでない。
やっぱりそろそろがんばってきちんとした食事をしないといけないのではないかと思ったが、歯科医院では「歯ごたえのあるものを食べると、抜いた歯のあたりを避けて噛んでも負担がかかりますから、まだできるだけやわらかいものを選んで食べてください」と言われたので、そうそう好き勝手に食べるわけにもいかない。
自分でピータン入りのおかゆを作って食べたが、食べた気がしないので、
KFCに行ってLサイズのフライドポテトを買ってきてもくもくと平らげる。
フライドポテトならあまり固くないのではないかと思ったが、数日間やわらかいものばかり食べてきたせいか、ずいぶんと噛みごたえがあるような気がした。その後、ケーキ屋で買ってきたカステラとチーズ蒸しパンみたいなパンも食べたし、栗饅頭みたいなお菓子も食べた。

考えてみると、たいして動かないくせにずいぶんたくさん食べているのだが、歯ごたえがあるものをさけているせいか、いくら食べても食べた気がしない。

昨日、学校でLちゃんに会った時に「この機会に乗じて、ダイエットするつもり」と意気込んで見せたのに、これではかえって太ってしまうかもしれない。

日別画面へコメントする

06月23日(月)

起床時刻:07時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

06月22日

起床時刻:06時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

3日目でも結構痛い。
激痛ではないが、ずっと痛い。
抜いたところではなくて、前の歯に浮いたような感じがあり、うずうず痛む。
ロキソニンは6錠もらって、おとといと昨日でケチケチと飲んだので、
まだ3錠ある。でも、3錠だったら15時間しかもたない。
もっともらっておけばよかった。

●今回、抜歯しなければならなくなった理由は、元をたどれば、貧血である。

貧血だと、氷食症になるそうだ。
数年前まで、大きなマグカップに氷を入れ、仕事をしながらかじっていた。
冷蔵庫の自動製氷が間に合わないほど、たくさん食べていたのだ。氷ができて、カラカラカラと氷入れに氷が落ちる音が冷蔵庫から聞こえると、すぐに取り出して食べていた。

貧血→氷食症→歯根破折→嚢胞→抜歯。

あのころ、氷をバリバリかじることが、抜歯につながるとは思ってもいなかった。みなさん、気を付けましょう。

日別画面へコメントする

06月21日

起床時刻:07時00分

今日は茶道の日。
朝出かけるときには、元気だったのだが、
帰宅途中で抜歯のあとが痛み出した。
みると、顔の片側が腫れている。
空腹に耐えかねて、かまなくてもいい食品だけでなく、
煮た餃子や大根などを食べてしまう。

華聯スーパーに行けば、キャンベルスープの缶詰があるかなと思ったが、午後から雷雨になったので買いに行けなかった。
明日、お天気がよかったら、買いに行けるのだが。ヽ(^。^)ノ

日別画面へコメントを読む(2)

06月20日(金)

起床時刻:06時43分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはおはおはおはお(  ̄(○○ ) ̄)

ばっしばしばっしばし。
お昼ごろにでかけます( `ー´)ノ

●抜歯してきた。
レーシックに比べたら、抜歯なんて何程のものでもない。

抜歯した後、たいして痛くなかったので、こんなものかと思っていたら、
帰宅途中で麻酔が切れて痛み始めた。

でも、家に帰って、ロキソニンを飲むと、すぐに楽になった。
薬を飲んでこんなに明らかに効いたと思えたのは初めてだ。

抜歯自体も麻酔が効いてうつらうつらしているうちに終わったし、
帰宅してからも薬を飲んだら痛みが引いた。
そういう意味では抜歯は恐れるほどのものではない。

¨と思ったが、「3日間、かまないで食べられるものしか食べないでください。さらに抜糸するまではできるだけやわらかいものを食べ、抜歯した部分で絶対にかまないようにしてくださいね」と言われたのは、ショックだった。
たしか前回行ったときにも「歯を抜くと一週間くらい食事に差しさわりが出ます」と言われたのだが、すっかり忘れていた。
こんなことなら、フライドチキンをどっさり食べてからいけばよかった。
¨と後悔しながら、おかゆと豆乳で夕食をすませた。
こういう食事を3日も続けるのかと思うともう心が折れそうになる。(/ω\)

日別画面へコメントを読む(3)

06月19日(木)

起床時刻:06時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

●今日が終われば明日が来る。
明日が来たら、抜歯か~( ゚Д゚)

●このところよく雨が降るので蒸し暑い。
昼も居眠りしてしまうし、夜は夜でまた眠れる。
「くっちゃね、くっちゃね」の生活なら、それなりにしあわせなのだが、
「くう」と胃が痛くなる。
旅行に行ったりして、外食が続くと胃の調子がすぐに悪くなる。
だからと言って、自分で食事を作ると同じものばかりになってしまう。
中国にいつまで住むことになるのかわからないが、「仮住まい」気分なので、最低限の調理用具しか買っていないし、材料も思うように買えないので、レパートリーは非常に少ない。

以前に「通訳ジャーナル」か何かで、ある北欧の国では4種類しか料理がなく、それを順繰りに作って食べているのだという記事が載っていた。
それを読んだ時には、「料理が4種類しかないなんて想像できない」と思ったものだが、最近はさすがに4種類よりは多いがそれと大差ない状況になってきた。青梗菜やキャベツを炒めたものと、トマトと卵の炒めものでも作っておけば、夫は文句を言わないので、ついついそればかり作ってしまう。

こういう状況をどうにかしたいのだが、スーパーで日本のものよりもなんとなく汚い野菜や管理の悪い肉類を見ると料理をする気がしなくなってしまうのである。

日別画面へコメントを読む(4)

06月18日(水)

起床時刻:06時35分

●昨晩、娘からスカイプがかかってきた。
8月のスケジュールはもうぎっしり埋まってしまったのだそうだ。
なので、成人式の着物を見に行くのはどうしようかと言うのである。
自分から「早く見に行かないと、いい着物がなくなる。
いままでぜんぜん成人式の準備をしていなかったのは、無関心な親のせいだ」と息巻いていたのに、こういうスケジュールを提示して、「どうしたらいい?」
と言われても、こちらではどうもしようもないのである。
「8月5~6日の予定をキャンセルするか、そうでなければ8月末か9月の第一週あたりに見に行くしかないよね」とわたし。
結局、「5、6日に見に行き、それで準備ができなかったら、8月末から9月にかけてもう一度見に行く。もし5、6日にすべてが済んでしまったら、8月末から9月にかけて飛騨高山に旅行に行く」ということになった。
というわけで、夏に帰国する際には、二度、名古屋に足を運ぶことになりそうだ。さて、名古屋に行ったら何を食べようかな。( ^ (●●)-)=☆ブッフーン♪

●その話が済んだあと、大学生活(娘の)についての雑談になった。
同じ大学に会社員をやめて一般入試で入学した30代の男性がいるそうだ。
「そういう人は大学でたらどうするつもりなんだろうね。ほかのみんなみたいに新卒採用で就職できないんでしょう?」と娘が言う。

自分の価値観で人を見てはいけない。
自分が見えるものだけしか、ほかの人にも見えないと思ってはいけない。
たぶん、その人も今「大学を出てどうするか」について、明確なビジョンはないかもしれない。でも、あたらしい知識や経験を経た後なら、
きっとそれまで見えなかった道が見えるのかもしれないよね。
一度、安定した仕事を辞めて大学に入りなおすというリスクを取れた人なら、また次の新しいリスクを取れる人なのかもしれないよ。

その人もいったん社会に出てまた大学で学ぶことで何かをつかむだろうけれど、そういう姿を見て、娘のような若い人たちも、彼の生き方から学べることがあるよね。
もし、100人のうち、100人全部がみんな18歳か19歳で大学に入り、そのまま22歳くらいで大学院に進み、新卒で就職する人たちばかりだったら、
そこにいる学生たちはそれだけが当たり前のことだと思ってしまうだろうけれど、もしそこに彼のような人がいたら、そういうふうに社会に出て養った目をもって学びなおす生き方もあると知ることができるよ。

新卒で就職し、危なげのない人生を行くことも悪いことでは決してないけれど。でもね、大切なことは、それだけじゃないよね。


そういう話をした。

その結果、娘は何か納得したように「そうだよね」と言った。
その人を尊敬する気持ちになったようだった。
わたしとは遠く離れた場所でいろいろな人の生き方を見て一回り二回り成長しつつあるようだ。

●その後、その話から3年前の夏のことを思い出した。
その夏の初めのころに親戚の法事でもらった和菓子の包装紙にたまたま王之渙の詩が書かれていた。高校の教科書にも載っている 「登鸛鵲楼」 である。

白日依山尽 黄河入海流
欲窮千里目 更上一層楼

その時、娘に詩の意味を聞かれ、説明したのを覚えている。

その夏の終わりに息子と娘を連れて松山に旅行した。
山の上にそびえたつ松山城を一層、二層と登っていくときに、
またその詩を思い出し、
「ほら、こうやって高いところに上るほどもっと遠くまで見渡せるようになる。あの王之渙の詩はこういうことを言っているんだよね。
いろんな知識を得たり、経験をしたりして成長することで、今まで見えなかったことが見えてくるということをね」という話をした。
知識と実際の光景がすっと結びついた楽しい経験だった。
いい思い出である。(わたし以外の子供ふたりは忘れてしまったかもしれないが)(^◇^)

日別画面へコメントを読む(2)

06月17日(火)

起床時刻:06時55分[いま起きた]ボタンで記録されました。

北戴河に行ったのに、大家の話題しか書かないわたしって。

でも、汗と砂でぼろぼろになったのに、
ホテルについたら、夫がひとりで電熱器シャワーのお湯を使い尽くしてしまったので、水みたいなシャワーを浴びることになって…。
フネに乗っても特に見るものもなくて、
避暑地なのに、暑くて人ばっかりで。

一応、どういうところかわかっただけでもよかったかな。

……というのが、北戴河社員旅行の感想でした。

豚に真珠 ( ̄(oo) ̄)ノooooo だったかな。

日別画面へコメントする

06月16日(月)

起床時刻:06時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

疲れたぶぅ━━q( ̄(oo) ̄)p━━っ!!

昨晩は6時ごろに帰宅したのだが、
7時すぎに大家が家の不具合個所を直しに来た。
バスルームのシャワーヘッドにひびが入っているので取り替えてほしいと言ったら、配管全体を取り替えることになった。シャワーヘッドの箇所だけを直せばよいのだが、
大家は配管工事がすきらしい。(仕事もそういう関係らしい)
さらにバスルームに堰を作ってもらい、台所の水漏れ個所をセメントで埋め、寝室に遮光カーテンをつけてもらい、洗面台のパイプも交換。

10時半ごろまで大家がいたので、
夕食は外で食べるつもりだったが、家で簡単に餃子を煮て食べてすませた。
大家が雷雨の中何度も買い物に出かけ、土足で出入りしたので、
リビングやバスルーム、台所の床はドロドロになった。
社員旅行でくたくただったが、深夜までかかって夫と拭き掃除。

遅くなったのは、うちの都合に合わせて夕方から来てもらったからなので文句は言えないが、大家はなんともいい加減な人だ。
火のついた吸殻は窓から捨てるし(9階)、洗面台に置いてあった夫の歯ブラシはモップを洗うバケツの中に捨ててあったし、大理石のきれいなテーブルの上で平気でカッターでプラスチックを削るし、もらいものの果物を持って行ってもらおうとしたら、その場で洗わずに食べるし…。

途中で、大家のお姉さんがやってきて、大家の絆創膏だらけの姿を見るなり、「なんであんたはそんなに傷だらけになったの!また酒飲んで何かやらかしたんだね!」と言い、大家が「いや、これは朝、転んだんだ。酒飲んでないってば」としどろもどろに言っていたのもおもしろかった。

この家は大家のものだが、こういう人なので、名義は形式的に大家の姉のものになっているらしい。
そのため、先週の金曜日には、臨時住宿登記のために大家の姉と派出所に行ったが、同じ親から生まれたとは思えないほどしっかりした人だった。

日別画面へコメントを読む(3)

06月15日

起床時刻:06時27分

土日で、夫の会社の社員旅行に行ってきた。
行先は北戴河。
暑かった。海水浴場らしいが、今回の旅行は海水浴をせず、海の近くの公園で遊んだり、船に乗ったり。
たのしかったのかどうかわからないくらい、疲れた。

でも、何事も経験ということで。

日別画面へコメントする

06月13日(金)

起床時刻:06時30分

昨晩、大家が来て、浴室の電球をとりかえ、例のツボを持って行った。
そのほかの不具合個所も直すことで話がついた。

大家は電動自転車に乗っていて転んでけがをしたということで、
絆創膏だらけでやってきた。昨日やってこなかったのは、そのせいかもしれない。
渋滞で動かない車の間をすり抜けるように走る電動自転車をよく見かけるが、あれは危険ではないのかと常々思っていた。
とくに、夫のあとに妻が乗って、さらに妻が赤ちゃんを抱いていたりする人などを見かけると心配になる。

日別画面へコメントを読む(4)

06月12日(木)

起床時刻:06時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

●昨日、届いた浴槽を夫と浴室に運び、少しお湯を入れてから排水してみた。そしたら、浴室中が洪水に。ヽ(^。^)ノ
浴槽の排水口にホースをつなぐか、浴室の床に堰を設けるかのどちらかをしないとだめみたい。でも、できるかな。(゜-゜)

●あつーい。
午前中、講義に出て、ベトナム人のLちゃんとお昼ご飯。
わたしは、ピザ半分と豆乳。
Lちゃんは、なんだかわからない、黒くてヘロヘロしたものを炒めたものと、鶏肉とクラッカーを一緒に炒めたようなものと米飯。
「これ、あげるね」とわたしの皿に料理を分けてくれる。
わたしが遠慮すると、「いいの、いいの。こんなに食べきれないから」と言う。
わたしはお返しにピザを一切れ上げようと言ったが、「いらない」という返事。
Lちゃんはかなり食べ物を残したようだ。残飯入れに残した料理を捨てながら、
「あー、まずかったねー」だって。ヽ(^。^)ノ

なんだ、親切で料理を分けてくれたのかと思ったら、まずかったからくれたのか。ヽ(^。^)ノ

●家に帰ってビデオを見ながら居眠りした後、夕食を作ろうと思って、冷蔵庫から昨日買った野菜を出してみると、あっ!!ヽ(^。^)ノ
全部凍っている。
野菜室だと思っていたところは、冷凍室だった。
昨日、どっさり野菜を買ったのに。
ネギやキャベツ、ピーマンは冷凍してしまっても、スープなどに使えばあまり味は変わらないらしい。
でも、ジャガイモやニンジンは?
大根は?ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

●あ、そうだ。ハゲチャビ―ンについて書いてなかった。
では、手短に。

この間、「非诚勿扰」を見ていたら、
ダンサーをしているというイケメン西洋人男性が出てきた。

このとき、すぐに女性の一人が「爆灯」をだした。
つまり、最後までランプを消す権利を放棄するということだ。
積極的に自分をアピールする女性。

この後、この男性を紹介するビデオが流れる。
実はこのイケメン男性の髪はかつらだったのだ。

と、驚いたことに「爆灯」の女性以外のすべての女性がランプを消してしまった。最後に、かつらの西洋人に手を引かれて会場を去る「爆灯」の女性。複雑な表情だった。

中国人女性はここまで禿げた男性を受け入れないものなのだろうか。
かつらだって、本物の髪だって、実際には何も変わるところがないのに。

わたしの家系は、男性はほぼすべて禿げてしまう家系なので、
わたし自身、男性は禿げるのが普通と思っている。
なので、余計に、この番組のこの結果には、釈然としないものがあった。

日別画面へコメントを読む(11)

06月11日(水)

起床時刻:06時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

●昨晩、大家がガス台を設置してくれたので、
今夜からは台所で食事を作れるようになった。

部屋の備品として買ってほしいと伝えてあったシャワーカーテン(バスルームのレイアウト上、シャワーブースの設置は無理なので)、掃除機なども届いた。

でも、大家はそれを全部、わたしたちの留守中に勝手に家に入ってやっていったのだ。悪気はないらしいが、いい加減な人なのだ。
夫とわたしは、6時半に家で大家と会うことになっていたので、
そのときに、家の中の不具合のある個所などを伝えようと思っていたのだが、わたしたちが帰宅したときには、大家はもういなかった。
部屋の電気もつけっぱなし。

そのことについては、夫が後から電話して文句を言っていた。
このあと、水漏れなどを直したら、すべての鍵をわたしたちがあずかることになった。
たぶん、あと一週間くらいで、水漏れと浴室の電燈を直してもらい、浴槽を届けてもらったら、こんどの引っ越しはすべて完了となるだろう(希望的観測?)

くさいツボは、段ボール箱に入れて、玄関の外に置いた。
そのうち、大家が引き取りに来るそうだ。

片付いてみると、この部屋はたしかになかなかいい部屋だ。
少女漫画に出てくるような大理石と金色の金具をはめ込んだ白い家具で統一されている。カーテンはバラの花の模様。セントラルヒーティングのラジエーターもピンク色。姫系ロマンチックというのだろうか。

この姫系の部屋に住んでいた大家は50歳くらいの男性で、同居していたのは20歳くらい年の離れたその妻と小学生の男の子だった。
若い女性と結婚した盛り上がった気分から、気合を入れてインテリアをそろえたのだろうか。そんな感じのする部屋だ。
学齢になった子供をいい小学校に入れるために引っ越しすることになったそうだ。

それにしても、こんなにかわいい部屋なのに、引っ越してきたときの汚れようはすごかったな…。
●今日、でかけている間に、備品として買ってほしいと要求していた
浴槽と事務用のいすが届いていた。
これで買ってほしいものは、みんな届いた。
あとは、浴室の電燈や水漏れ個所などを直すために、大家が6時半に来ることになっていたのだが、すっぽかされた。
夫は大家が来る時刻に合わせて会社から慌てて帰宅したので、
不動産会社に電話して大家についての文句を言っていたが、本人が憎めない感じの人なので本人には伝えなくていいとも言っていた。
でも、不動産会社だけに言ってもしかたないよ。本人に言わなくちゃ。

日別画面へコメントする

06月10日(火)

起床時刻:07時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日の晩の時点で自分たちの荷物は片付いた。

●土曜日の午前に先住者である大家の荷物運びだし。午後、清掃。
日曜日の午前にわたしたちの荷物運び込み、午後、片付け。

というのが当初の予定だった。

日曜日の午前中に不動産屋や夫の会社の人たちが手伝いに来て、
わたしたちの荷物を新しく住むことになるマンションに持って行ったが、
そのときにも大家の荷物は片付いていなかった。
しかたがないので、寝室のひとつにまとめて運び込んだ。

午後も大家が荷物を運びだしているので、わたしたちの荷物を解くことができなかった。
手伝いに来てくれた会社の人(中国人)と昼食をしているときに、休日に茶道を習っていることを話すと、その人が「懇意にしている中国茶芸の店があるので、そこに招待してあげよう」というので、そのまま車に乗せてもらって、中国茶芸の店を二軒はしごし、プーアル茶だの、なんとか紅茶だのをごちそうになる。

こうして、本来忙しく荷解きをしなければならない時間は、のんびりと過ぎていった。

夕方、引っ越し先に行くと大家はすでに去っていた。
物が多いので、これまでのマンションがそうだったように大家の私物が多少残ってしまうのはしかたがないと思っていたけれど、今回もやはり結構残っている。収納はたくさんあるし、わたしたちの荷物は少ないので、まあ、それはよいとしても、大家が持っていくつもりらしい荷物がリビングの真ん中になげだしたまま。
それに何しろ汚い。家や家具はいいものなのだが、使い方が想像を絶する汚さ。トイレなどは掃除なんかしたことがないのかもしれないと思うように黒い汚れがこびりついている。

掃除の女性が来て夕方6時~9時まで台所と水回りを掃除することになっていたが、3時間ではとても手が回らないので10時半まで時間を延長してもらい、わたしも一緒に洗面台などを磨いた。本来はこういうことは大家がすべきなので、清掃の女性にすべて頼んで、
料金は大家に回せばいいことになっている。でもそうしていたら、いつ終わるのかわからないので手伝ってしまったが、なんだか割り切れない感じ。

これまで住んでいた家を掃除して、また引っ越し先でも掃除。
わたしも掃除婦として大家に料金を請求しようかしら。

それ以外に、昨日も書いたが、バスルームには、シャワーヘッドがあるだけで、シャワーブースも浴槽もないし、台所のガス台も取り付け途中で放り出してある。台所の流しも洗面台も水漏れ。

今のところ、電気ポットでお湯を沸かすくらいしかできることはないので、当分は外食ばかりになりそうだ。

●引っ越し当日はバタバタしていてあわただしかったので、
あまり意識していなかったのだが、
あとから考えると、ぜったいにあの掃除の女性は、便器も洗面台も同じスチールウールで磨いていたと思う。げっ( ̄x ̄;);

日別画面へコメントを読む(13)

06月09日(月)

起床時刻:07時30分

やっとネットが使えるようになった。

昨日引っ越しした。
しかし、台所のガス台が使えない。
台所と二つある浴室の一つの流しの排水の水漏れ。
二つある浴室の一つの電燈がつかない。
大家の荷物がまだやりっぱなし。
浴室に浴槽をまだいれてもらっていないし…。

詳しいことは書く気力がないので、おいおい。

日別画面へコメントする

06月07日

起床時刻:07時25分[いま起きた]ボタンで記録されました。

あ、あー、何かおいしいものが食べたいな。

でもその何かって何?

自分でもわからない。(゜-゜)

●夕食後、明日引っ越す予定の家に行ってみたら、
まだ大家が片付けを終えていなかった。
もう掃除の人に来てもらう時間はないようだ。
いったいどうなるのだろう。
とにかく明日9時過ぎに夫の会社の車に来てもらって、
荷物を運ぶことになっている。歩いて10分くらいの距離を二三往復することになる。そのあと、ざっと今住んでいる部屋を掃除して、引っ越し先へ行く。台所とバスルームは一応掃除したから、明日は床と冷蔵庫くらいかな。

日別画面へコメントを読む(2)

06月06日(金)

起床時刻:06時27分

●今日は学校が休みだし、珍しくまとまった雨が降って涼しい。引っ越し荷物をまとめてしまおうと思ったが、
明後日にならないと荷物を搬入できないらしいので、
少しだけ片付ける。
わたしが片付ける分は、あとは台所と冷蔵庫とこまごまとした私物のみ。
さっさとやれば一時間でできてしまう。それと水回りと床を簡単に掃除していくが、まだ入居して3か月しかたっていないので、それも真剣にやれば一時間くらいでできてしまう。

夕方、引っ越し先の部屋を見に行ったが、まだ大家が自分の荷物を片付けていた。あまりよく考えずに物を買うひとたちらしく、部屋中が物であふれていて、あと一日で本当に片付くのかと思ってしまう。
大家の荷物を出したあと、さらに掃除の人に来てもらって、その後、わたしたちが入居できるのは日曜日の午前中らしい。
それから、日曜日の午後と夜で新しい部屋をしつらえることになる。
ああ、面倒くさいな。三か月に一度の引っ越しはたいへんすぎる。

●たいへんたいへんと言いながら、今日もほとんどの時間、ごろごろと動画を見て過ごす。今日も「非诚勿扰(中国で人気のお見合い番組)」。

件の日本女性が出ている動画をほとんど見てしまった。

彼女は、33歳、シングルマザー、会社副社長という経歴。
太っていてあまり容姿は恵まれていない。

「男性はわたしにとって神様。男性だったら誰でもよい。どこにでもついていく。家事はすべて自分がやり、夫になる人には何もさせない」と「日本人女性」のステレオタイプを売り物にしている。

「つくす女性」をアピールして、男性に「自分の好みは自立できる人」と言われると今度は「キャリア」を売りにする。

最初のころは振られ続けるが、そのうち、彼女に求婚するために番組に出る男性が何人も現れる。
しかしそうなると今度は彼女のほうがどの男性も断ってしまう。
「子供のために上海を離れられない」、「あなたの収入では、子供を産んでわたしが仕事をやめた時に生活ができない」、「あなたは若すぎる」などの理由で。
最後にある男性とカップルになるが、番組終了後、彼の収入では、彼女とその息子の生活費と学費を賄えないことを理由に再び会うことはなかったらしい。

結局、彼女は、「専業主婦をさせてくれて、自分の息子のインタナショナルスクールの学費を負担してくれる」経済的に豊かな男性を求めていたわけであり、平凡かつ善良な中国人男性など眼中になかったわけである。

しかし、一方で、彼女が狙う経済力があるか、もしくは将来性があって、かつ、若くて見た目のいい男性は、当然のことだが、中年の太った女性を専業主婦として養ったり、彼女の連れ子を引き取ったりしようとは思わないのである。

一度は「贤惠」な日本人女性の代表として中国で人気を集めた彼女だったが、その後、善良な中国人男性の心をもてあそんだ厚かましくずるい日本人として批判されることになった。

いったい彼女のいう「尽くす女性」とは何だったのだろうかとも思ったし、それに振り回される中国人男性もまったくバカだなと思った。

●でも、男性とは、そういうものである。
高校で野球部の女子マネやるような女子学生に限って、
掃除当番を他人に平気で押し付けるような厚かましい女であったりすることなど、
想像もできないのである。
女らしさを売り物にする女ほど計算高いことなど、女の間では常識であるのに。

日別画面へコメントする

06月05日(木)

起床時刻:07時25分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日も暑い( ;∀;)
やっとのことで学校に行ったら、10時からの講義は休講。
その後、ユニクロで部屋着を買って、家にいったん帰宅。
午後からまた講義。
だるい。

●以前の「非诚勿扰」の動画をネットで見た。
S.Aという日本女性が数年前に話題になっていたようだ。
「夫となる人には家事はさせない。わたしがみんなしてあげる」という「つくす日本女性」というステレオタイプをふりかざして人気を集めていたという。
でも、彼女はその前に「シンママになって、子供を育てながら生きていくには、お手伝いさんが雇える中国に来るという選択しかなかった」というようなことを言っている。ネットで彼女の対談を見ても、お手伝いさんに家事をしてもらって、夜の会合などもこなしていると言っている。
「夫に家事をさせずに、お手伝いさんにしてもらって、夫婦で働く」のだったら、別に少しも「男性につくす日本女性」じゃないじゃん?中国人の女性と一緒じゃん?

ほかにも番組の中でやたらと男性に従う日本女性というイメージを振りまいていて、なんだかいやな感じ。そういう言動が中国人を喜ばせることを「中国通」のたくましい彼女はわかっていてやっているのだろうけれど、
時代遅れの「男にとって都合のよい日本人女性」のイメージを発信することがはたして中国で生きる日本人女性たちにとってプラスになるのだろうか。
まあ、彼女はこういうイメージを発することで中国で注目を集め、仕事の場も広がったらしいので、彼女自身にとってはプラスになったのはまちがいないだろうが。

日別画面へコメントを読む(4)

06月04日(水)

起床時刻:04時51分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は、奨学金の申請をしてきた。
土曜日に留日学人の遠足に行ったら、そこでしりあった人(Aさんとする)が、わたしが所属している学院の事務の人と親友だということが分かった。
そしたら、Aさんはその場で大学の事務の先生に電話して「あ、今ここで知り合ったうさという人、あなたの大学の大学院に行ってるって。あ、知ってる?」などと話してしまう。Aさんは電話を切ったあとに、
「彼女(大学の事務の人)が昨日あなた(うさ)に電話をしたけど、知らない電話からだからかでなかったって。あなたも(うさ)奨学金の申請ができるそうだから、火曜日に事務室に用紙を取りに来るようにって」と教えてくれた。

この年になって奨学金なんて若者に譲るべきではないのかと思ったが、
夫がその場でそのやりとりを聞いていて「だったら、若者に譲るとか余計なことを考えないで申請してみるべきだ」と言うので、申請することになってしまった。

指導教授に意見を書いてもらうときも、それを事務室に提出するときも
いい年をして奨学金を申請する自分がけっこう恥ずかしかった。それに、写真を張り付けるときに、スティックのりと間違えてリップクリームを塗ってしまい(だって夫がなんでもいっしょくたに引き出しに入れておくんだもん)、急いでふき取ったが、用紙がシミになってしまったし。
でも、夫に言うと、「中国ではだーれもそんな細かいこと気にしていない」のだそうだ。

ま、いいや。提出してしまったことだし、もらえたらもうけもの。けけっヽ(^。^)ノ

日別画面へコメントを読む(2)

06月03日(火)

起床時刻:07時12分[いま起きた]ボタンで記録されました。

学校で二科目の講義を聞いて、
その後、家の契約に。
夫、わたし、会社の人、家主側の人たちで最後の確認。
なんだかんだで二時間かかった。

その後、会社の事務の人と一緒に食事して帰宅。

日別画面へコメントする

06月02日(月)

起床時刻:07時17分[いま起きた]ボタンで記録されました。

●今日はいくつか部屋を見に行くつもりだったが、
結局、一つしか見なかった。
不動産屋の営業マンは、いくつも部屋はあるというのだが、
なかなか家主と連絡が取れない。
今日見た部屋は、これまで住んでいた小区の外にある。
小区の塀の中にあるマンションは家賃が高いが、
外にあるマンションは同じグレードでも二割くらい安くなる。
塀の中にあったって、カードキーを持っている人について中に入れば、誰でも入れるのだからそれほどセキュリティ上のメリットがあるとも思えないので、外のマンションでもまったくかまわない。

今日見た部屋は、物が多くてとても散らかっていたが、
部屋の内装もまだ新しくてきれいだし、家具もわたしの趣味とは違うが、姫系ロマンチック家具がそろっている。すっかり片づけてもらえば、
モデルハウス風のすてきな部屋になりそうだ。
あと一週間のうちに引っ越さなければならないし、今すぐに内覧できる部屋は他にはないので、たぶんここに決まるだろう。
ただ、これまでのマンションは駅前だったのだが、ここだと駅まで10分くらいかかるようになる。でも、華聯スーパーや学校に行くバス停(バスで行くなら)などは近くなる。

あれもこれもと条件を言っていたら部屋は見つからないから、ここで上出来かな。
●今日は部屋を見た後、外食して帰り、その後、昼寝。
その後、夕食のためにでかけて、夫がゴルフの打ちっぱなしに行くのについていき、ゴルフ場のベンチでまた居眠り。買い物して帰宅。

だらけた一日。
でも、今週は宿題もあるし、引っ越しの支度もあるから、忙しくなりそう。

●今回部屋探しをして、感じたことは、マンションを手放すことを考えている人が多いということだ。
「貸してもいいけど、もし買い手があらわれたら退去してもらいたい。それでいいか」と言われたところが二か所ある。
もしかしたら、そう遠くない将来マンション価格が下がり始めるのかもしれない。

日別画面へコメントする

06月01日

起床時刻:06時19分[いま起きた]ボタンで記録されました。

土曜日は、「留日学人」の遠足に行ってきた。行先は「森林公園」。
わたしは日本人だけれど、夫の家族ということで。

バスの中で、自己紹介もしたぞ。
いろいろな人と知り合った。この中で、長い付き合いをする人がいるかどうかはわからないけれど、だんだんと積極的な自分になっていくわたし。
長い間の翻訳奴隷引きこもり人生に別れを告げて、
これからの人生は新しいわたしとして生きていきたいヽ(^。^)ノ

これまでにも何度か前進してきたが、これでまた一歩。

●それにしても、そこで知り合った人が大学の事務室の人と友人だったことには驚いた。世の中は狭いものである。
黙っていればいいのに夫が「このひと(うさ)は、大学の事務にはたくさん不満があるみたいですよ。いつも家で文句ばっかり言ってる」などと言ってしまう。
あーあ( `ー´)ノ余計なことを!!

●日曜日の今日は疲れたので、家でごろごろ。
午後からは、不動産屋に連れられて、夫と一緒にいくつか部屋を見に行く。

最近は、家賃がとても上がってしまったため、
若い人たちが何人もで部屋を借りてめちゃくちゃな住み方をしていることが多い。
今日見に行った三部屋のうちの二部屋も、男の子と女の子が何人も一緒に住んでいて、
寝室だけでなくリビングにまで簡易ベッドが置いてあり、
ダイニングルームは物置きになり、バスルームの浴槽にはゴミが放りこまれていた。ひとことでいえば、ゴミ屋敷。壁も床も傷だらけ。
さらに、女の子はそういう部屋に下着のような露出の多いだらしない姿で住んでいる。いったいどうなっているのか。考えるだけでもいやになる。

こういうのを見ると、不動産屋の広告に「初めて賃貸に出す部屋です」とわざわざ書いてある意味がわかる。

とにかく、今日見たところは全部×。

日別画面へコメントする