201412 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:08:09

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月26日(金)

起床時刻:07時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

12月25日(木)

起床時刻:06時30分

今日の午前中、何も報告すべき内容もないというのに、最近の学習内容を報告するようにと指導教授に言われて大学に行った。もちろんたいしたことをしていないので、たいした報告もできなかった。

○そこで同じ先生についている女の子からリンゴをもらった。
中国では、クリスマスにはリンゴがつきものなのだそうだ。
「え、どうして?」と聞くと、「平安」の「平」の音が苹果の「苹」の音と同じだからだそうだ。知らなかった( `ー´)ノ

○夫が帰ってきてから、クリスマスにリンゴをプレゼントする習慣があることを知っているかと聞いたら、知らなかった。やっぱりなと思った。

○今日、夕方、スーパーに買い物に行ったときに、クリスマス用の箱に入れたリンゴを見たら、1個19元のと29元のがあった。
リンゴ1個、日本円にして380円~580円。
いったいこれはなんなんだ( ゚Д゚)

日別画面へコメントを読む(2)

12月24日(水)

起床時刻:08時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

宿題しなきゃと言いながら、途中で放ったらかしてあった「少女地獄」読了。
最後の話がいちばんおもしろいかも。
そんなことでまっ黒こげ死体になって自殺しなくても…とクールな現代人のわたしは思った。
血液検査で処女でないことが親に知られてしまうとか、少女がスパイダーマンみたいに立ち回るとか、ありえない設定も摩訶不思議な味を出していて、楽しい。
最後はまるでホラーで悪ふざけとしか思えないのだけど、これもまた一興。

日別画面へコメントを読む(2)

12月23日(火)

起床時刻:08時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は、歯科から帰ってから夕方までに論文数本を読み終えた。
それから夜にかけて、自分の宿題の内容を考えようとおもったのだが、
ネットで色無地の袷を買うことに夢中になってしまい、深夜までそれに時間を使ってしまった。
正月に着ようっていうわけでもないし、そんなことは日本に帰ってからやればいいのに。
頭ではわかっているのだけどね。
それで今日になってみたら、自己嫌悪。

あと三日で自分の期末論文を書かなければならない。
今日、帰宅してから、色無地にあわせた帯をどうしようかなと考えないようにする方法をご存じの方がいらっしゃったら、教えてください。

日別画面へコメントを読む(6)

12月22日(月)

起床時刻:07時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は歯医者。もう一年近く通っている。
いい加減いやになってきた。

冬至の今日、北京では羊肉を食べるらしい。
でも、うちでは、夫が留守なので、わたしは適当に一人の夕食をすませた。
まあ、日本にいた時も冬至だからと言って、カボチャを食べたりすることもなかった。

日曜日にスーパーに行ったときに、夫が「あしたはとうしするから、ひつじのにくをたべるひなんだ」のようなことを言うから(外で歩きながら聞いていたのでよく聞こえなかった)、「凍死防止のために羊の肉を?!」と驚いたが、「凍死」じゃなくて「冬至」と言ったつもりだったようだ。変な日本語を使わないでくれと言おうと思ったが、わたしの中国語も変なので、
黙って耐えた。

日別画面へコメントする

12月21日

起床時刻:09時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

日曜日は買い物。
ネットで「鳳凰男」という言葉を知った。
農村から出てきた秀才が都会の大学に入って出世する。
そういう人のことらしい。だけれど、こういう男性を、都会の女性(孔雀女)は結婚相手として選ばないほうがよいそうだ。
農村の一族の期待をいっしんに背負っているので、
自分の妻や子供よりも、親兄弟を大切にし、旧態依然とした田舎の一族にお金をせびられたり、
都会での仕事のあっせんをもとめられたりしたときにそれに応えることを面子を保つことだと思っていて、結局はそのために都会出身の妻を犠牲にしてしまうからなどの理由かららしい。

これだから田舎者はね…という文章がネットにあふれている。
だけれど、うちの夫は都会出身で都会育ちであるけれど、
わたしたちの年代では、日本の女性と中国人男性の結婚だって多くがそういう感じのものだったのである。ネットにあふれる孔雀女のいろいろな愚痴や不満、悩みなどをつい読みふけってしまったが、
まるでわたしの物語のようであった。

あ、もう宿題やんなきゃ時間がない( `ー´)ノ
この話題はまたそのうちゆっくりと。

日別画面へコメントする

12月20日

起床時刻:08時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。

午前中は病院。
一時間1500元で北京大学病院の先生に診てもらっている。
だんだん、したしい人のような感じになってきて、
カウンセリングが楽しみになってきた。
でも、向こうは仕事だから、勝手にお友達のつもりになってはいけない。

夕方から、今年も夫にくっついて留日学人の集まりに行き、
講演会はぼんやりと聞き、そのあとの親睦会では張り切っていろいろ食べてきた。
いったいわたしは何をしにいったんやら。( `ー´)ノ

日別画面へコメントする

12月19日(金)

起床時刻:07時23分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は、午後から授業があったので、
午前中に勉強しようとおもったのだけど、
理研の会見をニコ動でみていたら、午前があっという間に終わってしまった。

なんだか汚職政治家の会見みたいに、
言質をとられないように苦慮しているようすが、
かわいそうであったが、まあ、身から出た錆。
こういう場におかれると人は実に悪相になるものだ。

それと会見終了後に退席しかけたチームリーダーが引き返してきてマイクを握り、
「お詫び」を述べたが、なぜその内容がお詫びなのだか、わたしには皆目わからなかった。
てっきり、最後に言わずにはすまされないうっぷんをぶちまけたのかと思ったのだが。
最後に「お詫びといたします」と付け加えると、
実質的にはうっぷんでも、何か下手にでているような雰囲気を出せるとでも思ったのだろうか。新しい手法かもしれぬ。

日別画面へコメントを読む(4)

12月18日(木)

起床時刻:07時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日、作成した作文のファイルを見直して送信。
その後、息子からSkypeがかかってきて、
「おぼちゃんどーするんだろーね」とどうでもよい話をして、
動画を見て、あっという間に午前が終わった。

お昼から、二本論文を見つけて、
プリントしようと思ったら、ひさしぶりに使用したプリンタが動かず。
やる気なくなる。

家の中をぶらぶらして、
夕方からパン屋でパンとケーキを買いに行き、
ご飯作って食べて片づけて…。
娘にSkypeして、「名古屋のドカ雪はどう?」と世間話をして、
ああ、なんだか今日も終わりそう。

あー、どうしよう。宿題まだあるんだった(^◇^)

日別画面へコメントを読む(2)

12月17日(水)

起床時刻:06時41分[いま起きた]ボタンで記録されました。

みちねいさんのブログを見た。
わたしも傷だらけだ。

夏の終わりに東京駅で転んで両膝擦りむいた。
それが治るころ、北京で住んでいるマンションの前で転んでまた擦りむいた。
それが治るころ、日本大使館の近くの歩道で転んで擦りむいた。

茶道を習っていると、にじったり、膝をついたりすることが多く、
いつも治りかけの膝が痛い。治りにくいのも茶道を習っているせいかもしれない。

そしておととい、家の中の何もないところで、足を滑らせて仰向けに転び、
キャビネットの角に頭をしたたかにぶつけた。
あまりにも派手な音がしたので、何事かと夫が走ってきたほどだ。

なぜだか床が少し濡れていてそのせいで足が滑ったらしい。
夫は親切にも「また滑るといけないから」と言ってモップで床を拭いてくれた。
…大笑いしながら。(なぜ笑うんだ)

後からよく見てみたら、むこうずねが腫れ、手首に血が滲み、頭にこぶができていた。
(しかし、なぜ仰向けに転んだのに、むこうずねをぶつけたんだろう)


夫は自分が留守をしているときに、わたしが何かうっかりやらかして 
死んでしまうのではないかと心配しているそうだ。
ご心配、ありがとう。でも、笑いながらいわないでね。気味がわるいから。

○そういえば、息子は中学生のスキー合宿のときに、みちねいさんと同じように雪道で転んで手首を骨折したのだ。もうあれは、十年くらいまえのこと。

その骨折のせいで、息子ひとりだけ、あとの日程を切り上げて、先生に付き添われて新幹線で帰ってきた。
それから長い年月がすぎたが、いまでも息子が通っていた中学では、スキー合宿で息子が転んだ道を通るたびに「以前に、ここで転んで日帰りで帰ることになった人がいましたから、気を付けてください」と引率の先生が注意するのだということだ。(息子とはずっと年が離れた子のおかあさんが教えてくれた)
かくして、息子は伝説の人となったのだ。

日別画面へコメントを読む(4)

12月15日(月)

起床時刻:07時59分[いま起きた]ボタンで記録されました。

児童心理の宿題で、子供向けの中国語授業の内容をかんがえなければならないのだけど、
だらだらとYOUTUBEの英語の授業の動画を見て時間をすごしてしまった。
英語の授業を参考にしようと思ったのだけど、
なかなかうまくいかないな。中国語だと、どんな歌や物語を使ったらいいのかわからないし。

この宿題ともう一つの宿題をやったら、もう年末の帰国までは手一杯だなと思っていたら、指導教授の先生から、「これまでの勉強の成果をまとめてメールでながしてください」と。
え~。何もしてないよ。どうしよう(*´▽`*)

日別画面へコメントする

12月14日

起床時刻:08時26分[いま起きた]ボタンで記録されました。 08時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日の茶会で疲れたが、
今日は歯科へ。
片道一時間。
往復の地下鉄の中と歯科医院の待ち時間は、ずっと夢野久作の「少女地獄」を読んでいた。
もちろん電子辞書の中の日本の文学1000選で。
おもしろかったけど、この程度のうそつきなら、それほど奇想天外でもないかも。

わたしが会社勤めをしていたときに、
同じ会社に、中国語もしゃべれないのに、自分はウィグル族で中国の某有名大学卒業だと(本当は一年の語学留学をしたらしい)、誰も信じていないのに真顔で言っている女がいたっけ。

それをよその会社の人にまで言ってしまうので、一緒にいるときなどは、わたしが赤面したものだった。

でも、この場合は、人に「変人」扱いされるだけで、害悪は及ぼさないからまだいいのかな。(そんなこともないか、やっぱり)

日別画面へコメントを読む(2)

12月13日

起床時刻:07時31分[いま起きた]ボタンで記録されました。

クリスマス茶会。
8時すぎに家を出て、
帰宅したのは夜11時。
夫にはただ「夕食すませてくる」とだけ言ってでた。
夕食は茶道の忘年会。
携帯なんて、コートのポケットにいれて、わたしの席から離れたところにあったので、夫から何度も電話が入っていたのは知らなかった。
帰りの電車の中から電話したら「死んだかと思っていた」と言われた。
自分はいつも連絡もなしに遅くなるくせに、
わたしがちょっと遅くなると「死んだ」ことにされるらしいヽ(^。^)ノ

日別画面へコメントする

12月12日(金)

起床時刻:08時12分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は児童心理の講義の日。

先生が「男の子と女の子、どちらが攻撃的ですか」と尋ねたとき、
ほとんどの学生が「女の子~」と答えたのには驚いた。

その後、先生がPPTでどこかの国(たぶん欧米)の学者が作った攻撃性とメディアとの関係を示す表を見せた。
それによると、どの年齢でも男の子のほうが攻撃性が高く、
しかもメディアの影響を強く受けるということが示されていた。
「実は、男の子のほうが攻撃性が高いのですね」と先生が説明していた。
わたしはそんなことは当たり前だと思っていたけど。

しかし、たしかに中国のテレビドラマなどを見ると、ものすごく攻撃的なおばさんがよく出てくる。
そして、いつもおじさんが「まあまあ」とそれをなだめている図式である。

若い女の子たちが、女の子のほうが攻撃的というのをみると、
やはりああいう図式が中国の家庭では一般的なのだろうか。

(でも我が家を顧みると、たしかに女性陣のほうが攻撃的かも…(*´▽`*))

日別画面へコメントを読む(6)

12月11日(木)

起床時刻:07時44分[いま起きた]ボタンで記録されました。

そろそろ期末論文の提出が気になり始めた。
4本のうち、2本は帰国前に提出しなければならない。
この二か月体調不良を言い訳にしてだらだらと過ごしてきたけれど、
そろそろエンジンかけないと。

尻に火が付けば(かちかち山みたい)、
論文自体は書けるでしょう。
でも、最近は、データをいろいろなSNSでやりとりするようになってきていて、それがさっぱりわからない。論文よりもそこが心配なのである。

それ以外にもデータの整理や編集にも、
いろいろなソフトウェアを使うようになってきている。
それもなかなかわたしにとっては難しい。
言語学もむかしと違って紙の書籍をめくってやるようなものではなくなっているようだ。
もう乗り遅れっぱなし。( ;∀;)

日別画面へコメントを読む(2)

12月10日(水)

起床時刻:14時22分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ブログ復活したいです。
でも、一日さぼるとずるずると…。
少しずつまた始めます。
一歩ずつ一歩ずつ(みちねいさんのまねだい(」゚(○○ )゚)」)

なんだかもう学期末の雰囲気。
先生の休講も多かったし、APECの休みもあったし、
今学期はよくわからないままに終わっていく。

○先週の児童心理の講義のとき、その講義の先生も休講が多かったので、
進度について焦りを感じていたようだ。

この講義にはどこの国の人だかわからないが、ほっかむりをした民族衣装の留学生(女)が出席している。
このほっかむりの女がいつも先生にむかって勝手に「自分の子供がどうしたこうした」という世間話をしたり、育児相談をしたりして、
20分くらいが過ぎていくことがよくあった。
ある時には、2歳くらいの自分の子どもを講義につれてきたこともあった。
子供はかわいかったが、それはいかがなものかとわたしは内心思っていた。周りの学生も先生も特にとがめだてするようなこともなかった。

先週も、最初に「もう時間がたりない」と先生がいったのに、
またほっかむり女が勝手に発言。おとがめなし。

しかし、その後、先生はこそこそおしゃべりをしていたベトナム人二人をいきなり指さして、
「そこのふたり、そんなに話すのが好きなら、前に出てきてわたしの代わりに講義をしなさい。
おしゃべりがしたかったら、どうして寮でしないで、わざわざここにきてするのか。
あなた方ふたりの平常点は零点ですからね。」
と言って、そのふたりの名前を言わせて書き留めた。

しかしね、わたしはそりゃ不公平だと思った。
ベトナム人ふたりもいけないが、あのほっかむり女のほうが、
よっぽど邪魔じゃないだろうか。

夫にその話をしたら、「ベトナム人がおしゃべりしていたときにちょうど虫の居所が悪かったんじゃない?」と言っていた。

大学で教えている春月ねいさんなら、どう思う?

日別画面へコメントを読む(6)