201506 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:10:42

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月24日(水)

起床時刻:07時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

06月23日(火)

起床時刻:08時27分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日も、りんごにんじんジュースをがんばって飲んだ。
朝は、りんごにんじんジュースとコーヒー。
昼は、冷蔵庫に入っていたバターケーキとりんごにんじんジュース。

本当はコーヒーではなくて、しょうが紅茶を飲むらしいのだが、
どうしてもコーヒーが飲みたくなってしまう。

夕方、学校の売店で、トルティーヤみたいなものと、海老風味の脂っこい何かを買って食べて、夕食は終わり。

…にしたつもりが、家に帰ってから、空腹でカステラを食べてしまった。

なんだか、三食とも適当すぎる気がするが、
金土日月と端午節の連休だったので、夫とでかけて外食しては、毎回少しずつ食べ過ぎていたので、今週はちょっと控えめにしようと思っている。

○大学院のHPを見たら、今年も奨学金の選考に通っていた。
結局のところ、三年間のうち、一年目だけ学費を払い、あとの二年は無料で通えてしまうことになった。
こんないい年をしたわたしのようなものにも平等に奨学金を出してくれる北京市は本当に太っ腹だ。感謝。(*^。^*)

日別画面へコメントする

06月22日(月)

起床時刻:08時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

りんご・にんじんジュース、飲んだ。がんばった(o゚▽゚)o

日別画面へコメントを読む(3)

06月21日

起床時刻:19時10分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「食べない健康法」という本をきんどるで買って読んでみた。

さっそくにんじんりんごジュースを作って飲もうと思い、
アマゾンでジューサー購入。
きのう、スーパーでにんじんとりんごをたくさん買って、冷蔵庫に入れた。

今日の朝から、食事のかわりにジュースを飲むことになっていたのだが、
なんとなくコーヒーを飲んだだけで昼になった。
夫が外に行くついでに外食をしようというのでついて行き、
昼も外で食べ、ジュースは作らなかった。

だって、考えてみたら、わたしはりんごが嫌いだったのだ。
そういうわけでなんとなく先延ばしにしている。

だれかりんごが好きになる方法をおしえてください。

日別画面へコメントを読む(5)

06月18日(木)

起床時刻:20時00分[いま起きた]ボタンで記録されました。

○今日、スーパーに行ったら、
1グラムいくらでやたらに高いチョコレートを売っていた店がなくなって、
そこが「日本輸入製品15元均一」の店になっていた。
ダイソーにあるようなプラスチックの容器みたいなものが大部分を占めていた。

15元というと日本円にして300円。
日本でなら100円で買えるものばかりだと思うとずいぶんと高いが、
中国ではこういうものが20数元なので、それでもお買い得なのだろう。

しかし、日本で売っているこういうプラスチック製品は中国製なのではないだろうか。
いったん日本に輸出してまた輸入?
なんだかよくわからない。

○開題報告書の草稿を出して、そのことで先生とも面談をすませた。
開題報告の日まで日にちがあるので、案の定、手直しをするようにといわれた。
・だいたいよいでしょう。
・でも、まとまりがないので、先生の提案どおりの形式に書き直すように。
・概括的な部分と、個別のテーマとして掘り下げるところをもっと明確にするように。
・だいたいどういう組み立てで書くのかがわかるように、論文の目次も作成するように。(あとから、変更可能)

というようなことを先生に言われた。

その日の午後、博士課程のWさんに会うと、
「先生がずいぶんとあなたの開題報告をほめていましたよ。
先生の学生のなかではいちばんまじめだって。」と言われた。
ま、今年、同じ先生のもとで修士論文を書くのは三人だけなのだから、「いちばん」と言われたってたいしたことではないが。
でも、そんな話を聞くと、うれしくもあったが、
たいして力もないわたしは、どんよりと重い気持ちにもなった。

その後、ベトナム人のLちゃんに会ったら、やはり開題報告のことをたずねられた。
「もう先生に提出したんでしょ。何といわれた?」

「まとまりがないから、先生が書いてくれた形式にあわせて書き直すようにって。それともっと重点を際立たせたりするようにも言われた」

Lちゃんはわたしの開題報告のコピーをぺらぺらめくりながら言った。
「そうよね。あなたの報告書は、なんか項目をだらだらと書いただけみたいね。何がやりたいのか、これみても先生はわかんないんでしょ。
あと二週間で直せるの?」

「ずいぶんな言い方」だなと思ったが、口には出さなかった。
なんとなく、変に持ち上げられるより、そんなふうに言われたほうが、
気が楽というものだ。

「そうなのよ。二週間しかないけど、努力あるのみね」と答えておいた。

日別画面へコメントを読む(2)

06月16日(火)

起床時刻:10時49分[いま起きた]ボタンで記録されました。

きのうの月曜日は歯医者に行ったら一日つぶれてしまった。

10時の予約で1時間ほどで終わったが、
それから途中下車して買い物をして午後三時ごろに帰ったら、
暑さでぐったり。

夜は少し勉強しようかと思ったけれど、
「泥の河」の動画を見てしまった。
以前原作を読んだことがあり、こんなだったっけ?と思ったが、
せつなさは変わらず。

あの蟹を焼くシーン。
そのことで、お友達が自分と同じ幼い身でありながら、
闇の中に生き、こころの中にも闇を抱えていたことが象徴的に描かれる。

廓舟の幼い二人の子供にとっても、
普通の子供のように、あたたかい人間関係につかのま触れることができたが、
それが本来自分たちのものではなかったことに気づく切ないラスト。

考えるれば考えるほど残酷で切ない世の中は、しかし、過去のものとも言い切れない。

なんだか非常にもやもやとしたものを抱えながら、一晩をすごした。

○そういう気分のままで、提出した開題報告の草稿に対するアドバイスをもらいに指導教授のもとに行ったが、これはさして問題も指摘されなかった。
しかし、若干の修正をしたほうがよいということなので、
これから二週間またこれに時間をとられそう。
今週末は端午節の連休でお茶の稽古もないから、そこで集中的にやろうかな。

日別画面へコメントする

06月12日(金)

起床時刻:08時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今年の春は雨が多いせいか、
今日もきれいな空。

学校の帰りに一人でさいぜりあでご飯とビール。
サイゼリアは空調が入っていなくて暑かった。
ビールも注文したのになかなか出てこないし、
でてきたと思ったら生ぬるいし。
ちゃんと冷えたやつと言ったのに。

バスにのって帰ったら、ダラダラっと寝てしまった。
あー、一日にできることが少なすぎる気がする今日このごろ。

○しかし、物価が高い。
クレンザー一本20元。ぷはっ。
つまり日本円で400円。
日本だったら100円で買える。
今度日本に帰ったら買ってこようかとつい思ったりするが、いちいち
そう思うものが多すぎて、
あれもこれも買って来たくなってしまう。
精神衛生上、日本だったらいくらと考えないようにしたいが、
1元20円だと計算しやすいので、つい考えてしまう。

本当に、日本で爆買いする中国人の気持ちがよくわかる。

それにしても、この年になって、スーパーの棚の前でクレンザー一本買うか買うまいか悩むわたしもなんともいじらしいではないか。(ノ´∀`*)

日別画面へコメントを読む(2)

06月11日(木)

起床時刻:08時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

きのうは午前中に見直しをした開題報告を先生にメールしてから、
授業に行くはずだったのだが、さぼってしまった。
いずれにしても、履修登録をしていない聴講なので、
行きたくなければ行かなくてもよいのだけれど。

学校に行こうとしていたら、
家のなかからよわよわしい鳥の鳴き声がしたのだ。
どこから聞こえるのだろうと耳をすませると、
どうやらソファと壁の間から。
暗くてよく見えないので、懐中電灯で照らしてみると、
埃のかたまりのようなものが、光から逃れるように、ソファの下にもぐりこんでしまった。

床にはいつくばって、ソファのしたをみたけれど、
ソファの下側に張った布がたれさがっていて、よく見えない。
モップの柄を差し入れて、ソファの下のものをかきだそうとしたが、
埃ばかりしかでてこない。
思い切って手を入れてみると、何か小さな生き物に触れたので、
引っ張り出してみると、小さなスズメのヒナだった。
やっと羽がそろったばかりの頼りない姿。くちばしの両脇もまだ黄色い。

どうしよう。どうしてこんな小さな鳥がこんな高いところにやってきたのだろうか。

ネットで調べると、こういう鳥のヒナは迷子でも捨て子でもないので、
勝手に保護してしまうと「誘拐」になってしまうらしい。
近くに親がいてちゃんと見守っているそうだ。

そこで、窓の外においてみると、
そこにつんであった板の下によちよちともぐりこんでいった。

そうこうしているうちに、授業に間に合いそうもない時間になってしまったので、学校には行かなかった。

一日たって、板の下をのぞいてみると、もうヒナはいなかった。
窓の外から、スズメのヒナと親がなき交わしているような声がするので、
きっと元気なのだろう。

日別画面へコメントを読む(2)

06月10日(水)

起床時刻:08時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。

○土曜日には、夫について、留日学人の遠足についていった。
行き先は、潭柘寺。
とても景色がよかった。知り合いは参加していなかったが、
ひとりで参加していた女医さんと知り合いになり、おしゃべりしながら歩く。そのほかにもほかの人ともいろいろととりとめのない話をした。

それはそれで楽しかったが、こういう中国の寺はいくつみても、みんな同じようで忘れてしまう。
日本の寺にもよくあるような石の魚(日本の場合は木の魚かな)が下がっていて、それにさわると病気のある場所が治るといわれているそうだ。
わたしはそういうのはあまり信じないので、ふーんと思っていただけだったが、女医さんが「わたし最近頭痛がするの、さわらなくっちゃ」と言って、それを触っていたのが、ほほえましかった。
石の魚で病気が治るなら、医者はいらないでしょうと思ったが、初めて会った人なので、そういうことは口には出さなかった。

ぶらぶら歩いていると雷がなり、雨が降り出したので、早めにバスにもどって、帰ってきた。疲れたけど、それなりに楽しかった。
毎週、毎週、週末は楽しい。

○こういうわけで毎週末遊んでいたわけだが、昨日、修士論文の開題報告を書き終わって、今日、指導教授にメールで送った。

6月のはじめに先生に会ったとき、「まだこれから書くんです」と言ったら、先生は「6月中旬にはいったん提出してほしいのですが、もしこれから書くということで間に合いそうもなければ、途中でもいいから、出してください」といわれた。そのときには、「はい、間に合うと思います」と答えた。
その後、毎日、800字~1000字くらいずつだらだらと書いていたら、いつのまにか規定の1万字になったので、その内容を開題報告書のいくつかある項目に分けたら、報告書が10日程度でできあがってしまった。
それで、昨日、同じ教授についている人たちの微信の群組に、「開題報告かけてしまいました!」とコメントすると、「えっ、もう書けたんですか。仕事速いですね」と口々に言われてしまった。
学校に行ってみると、ほかの人は開題報告の作成に頭を悩ませているようだった。
「書けたら、修正のアドバイスをするから、メールで送ってください」と先生に言われたので、もう提出してしまったのだが、
みんながあんなに悩んでいるものをなんとなくダラダラっと書き上げてしまったわたしは何か勘違いでもしているのだろうか。
今日提出した開題報告のことで、来週の月曜日先生のところに行くのだが、
どんなことを言われるのだろうか。不安だ。

日別画面へコメントする

06月05日(金)

起床時刻:08時14分[いま起きた]ボタンで記録されました。

承徳には無事に行って来た。

春月ねいさんのいうとおり、楽しかった。

避暑山荘、ぷだら宮、それと奇石のつきでた山の三つが観光スポットとしてセットになっている。

崖沿いの細い山道をすごいスピードで走る車にのったり、リフトで奇石の近くまで登ったり、たしかに遊園地みたいだった。

ホテルも今年はこれまでよりもグレードアップして、ちゃんとアメニティやタオルが置いてあるホテル。

承徳は景色もよかったし、ホテルもよかったし、よかったよかった。

○とはいえ、このところ、あたらしい銀行カードにかえたことによるごたごたや、学校の学費の支払いやビザ申請などに時間をとられて、
開題報告が進んでいない。それがブログが滞った理由なのだ。
なのに、明日は留日学人のえんそく。まあ、なんとかなるだろう(ほんと?)

日別画面へコメントを読む(3)