201511 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:16:38

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

11月27日(金)

起床時刻:13時16分[いま起きた]ボタンで記録されました。

11月26日(木)

起床時刻:21時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

○今日も勉強する気にならないので、出かけていった。
またしてもユニクロで下着を買う。
値下げになっていると思ったのだが、レジを通してから値下げになっていないのに気がついた。

「これを売ってたところに、下着39元って書いてあったんですよ」とレジで言ったが、
店員は「ほら、でも、後ろに59元のシールが貼ってあるでしょう。だから59元です。
値下げ品なので返品できません。」とにべもない。

しかたないので、買った品を持って棚のところに確認に行ってみると、
たしかに「下着39元」と書いてある。
通りかかった別の店員に「ここの棚にあるものは、39元ではないんですか」と聞くと、
「そうですよ」と言う。
「でも、今わたしが買ったのは59元だと言われたんです」と言って、袋の中のものを見せてみた。

「あ、それは59元っていうシールが貼ってあるから、その通りの値段です」。

わたしの買った色だけにたしかに59元というシールが貼ってある。
ほかの一緒にならんでいた下着には39元のシールが貼ってある。

ほかの色の同じ商品と一緒にまぜこぜにおいてあったのにどうして?

セール品なので、返品できないと店員がまた言うので、あきらめてそのまま帰ってきた。

なんなんだろう。あれは。

○Kindleの話が出ていたが、
わたしはとても気に入ってつかっている。
早く買えばよかったとおもっているくらいだ。
だって、これがあれば中国でも日本の本が買えるんだもの。
それにどこにでも持っていける。

でも、ふつうに読書するのにはいいけれど、調べ物に使う本は向かないみたい。
見たいページがなかなか見つからなかったりするし、
読み終わってから、他人に貸すこともできない。

日本にいたら、やっぱり紙の本がいいと思うかも。

日別画面へコメントを読む(3)

11月25日(水)

起床時刻:23時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は寒かった。
本当は、ほかの学生の修士論文の中間発表があるはずだった。
でも、先生が忘れていたらしい。出かけようとしていたときに、いずれにしても風邪をひいたので今日は発表は中止するという先生からの連絡があった。

でも、今日はついでに学位証明書に載せる写真の代金20元も払う予定だったし、
ひとりで外食もするつもりだったので、出かけていった。

二枚持っているダウンコートのうち、日本で買った薄いほうのものをひっかけてでかけていった。例によって家のなかは暑いくらいに暖かいので、外の寒さを甘くみていたのだ。

しかし、外は寒かった。路上の雪は減っていたが、一日中、氷点下なので道のそこここが硬く凍って滑りやすくなっている。
すぐに足の指が冷えて痛みを感じるようになった。
それに耳も冷えて痛い。
一昨年も去年もふつうの靴下にブーツを履いてでかければ、
足の冷えなど気にならなかった。
ニット帽も持たずにでかけたので、
コートのフードをかぶったが、ぺらぺらで寒い。

学校で20元を渡したあと、五道口のショッピングセンターで耳までふかふか覆えるニット帽を買い、ユニクロでヒートテックの靴下を買う。
こんなもの日本で買えば安いのに、中国で買わなければならないのはくやしい。
でも、今年の冬はこれからもどんどん寒くなりそうだ。
がまんしていたら、足の指と耳が凍傷でなくなっちゃうかも!??

その後、サイゼリアでハンバーグとソーセージとミネストローネを食べてあたたまったが、
家に帰り着くまでにまた凍えそうになる。
バスのなかでは金属のポールにつかまっていたが、それだって氷のように冷たかった。

20元を払うのなんて、たぶん来週でもよかったのかもしれない。
明日もたいして変わらない寒さらしい。
家にいることにしよう。

日別画面へコメントを読む(6)

11月24日(火)

起床時刻:13時15分[いま起きた]ボタンで記録されました。

疲れが取れない。
ソファでぼんやり。

○糖質制限もはじめて一ヶ月になるが、
健診以来、2.3kg減。

思ったよりも痩せないが、旅行中は糖質制限が難しいので、
ケーキやパンも食べてしまったからかな。

減った体重はわずかだけれど、体型がみた感じ変わってきた気がする。
あと2kgちょっと、がんばろう。

○とはいえ、このダイエットは楽だ。
パン食べたいなー、ケーキ食べたいなーとは思うが、
空腹感はないし、それなりにおいしいものをたくさん食べられる。
たぶん、これまでのわたしは何年も栄養不足だったのか、
顔色もとてもよくなった。

日別画面へコメントを読む(3)

11月23日(月)

起床時刻:09時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

土曜日に北京に戻ってきた。
日曜日は疲れて一日うとうと。

今回の旅行では、まずドイツのケルンに行き、その後、デンマークのコペンハーゲンへ。

夫が仕事している間は、わたしはひとりで博物館や美術館へ。

やはりヨーロッパは、古い建築物がとてもすてきです。

特に、コペンハーゲンはとてもよかった。
街を歩くだけでも、夢見心地になるような。古い物語の中に入りこんだような。
でも、物価が高い。
ふつーの取り立てて豪華でもないようなカフェで、ふたりでサンドウィッチとコーヒーで軽く食事して3000円~4000円とか。
街を歩いてみても、パンやケーキをつまめるカフェはあっても、レストランはあまりないようだった。夕食時にそういうところで、みんなコーヒーを飲んでいる。
外食する習慣はあまりないのだろうか。
ずっと小雨が降ったりやんだりしていたが、傘も差さずに自転車で移動する人が多い。
服装はみんな黒っぽくて地味。
生活は意外と質素なのかな。

北京では、金持ちから貧乏人までが、わかりやすく存在しているが、
デンマークではみんな同じ程度に見える。そういうところがなんとなく幸せそうだ。
(でも、なぜか乞食はいるんだけど)

日別画面へコメントを読む(2)

11月13日(金)

起床時刻:14時30分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨晩、わたしの修士論文の中間発表がおわった。
心配していたが、たのしかった。次回は再来週。でも、ほかの人が発表するのだから、
今度は気が楽。

○今日の深夜の便に乗って、ドイツへ。
でも、その前に検査の結果を聞きに病院へ。え~、怖いよ。
そんな時、春月ねいさんたら、ごきちゃんの
巣の入り口の写真なんか送って来るんだから。何の罰ゲーム?

日別画面へコメントを読む(3)

11月09日(月)

起床時刻:09時44分[いま起きた]ボタンで記録されました。

森鴎外の「堺事件」、読むと確かに、登場人物もわたしも同じ日本人でありながら、
まったく異文化の出来事のように感じられる。

実はこれを読むきっかけになったのは、「切腹~日本人の責任の取り方」(山本博文著)という本で、さらにこの本を読むきっかけになったのは、同じ著者の「殉教~日本人は何を信仰したか~」という著書なのだ。

人の生死というのは、何事にもまさる大事のように今のわたしたちには思えるけれど、
時代と環境によっては、さらなる大事があり、生死はその陰にかすんでしまうこともあるということだろうか。

たしかにどちらもその大事とはある種の名誉なのだけれど、
そういうものがないわたしからみるとたいそう奇妙なありかたであり、
日本人には潔く尊い行為に見える切腹も、西洋人には残酷で理解できない行為だったのだろう。
つまり、文化的背景が違えば、命をかけた行為も、理解されないものとなってしまうのだ。

この二冊はおもしろいです。自分の常識から見た生死の意味、または歴史的なものの捉え方などが、揺るがされるスリリングさを味わえます。

日別画面へコメントを読む(4)

11月08日

起床時刻:23時07分

○みぞれの中をお茶のお稽古に行った。
 
午前と午後のお稽古に来る人の分の亥の子餅を持ち、
途中、花市場で一週間分の花を買い、稽古場へ。
荷物が多いので傘をさしてあるくのはたいへんだった。
花を買う日はタクシー代も出してもらえるのだが、花市場はタクシーが拾えるような場所ではないので、しかたなく歩く。

稽古にくる人たちはたいていはいい人だ。
だけどみんながそうというわけではない。
この間もちょっとしたことでわたしを非難するメールを出してくる人がいた。

この人はいつもそうなのだ。わたし以外の人にもきつい対応をする。
後から入った人で、何か特別な立場にいるわけでもないのに、なぜか
上から目線。
しかし、相手によっては、つねに妙に愛想がよい。

いつも平気で言いたいことをいうくせに、次に会うときにはちょうちょうしい笑顔で挨拶してくる。

わたしも大人の対応をしようとしてきたが、どうしても苦手意識が振り払えないようになった。

しかしね、周囲の中国人は、心が広いというのか、心が強いというのか、
いろいろあっても、その人と普通に何事もなかったかのように付き合っていけるのだ。

中国人はえらいね。わたしはそんなに心が広くないよ。


中国人はよく考えずにものをいい、言ったあともあれこれ考えないのかもしれない。

わたしもあまり深く考えずに、人生経験だと思って、観察することにしよう。ああ、そうしよう。

日別画面へコメントを読む(3)

11月07日

起床時刻:23時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。 23時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

○金曜日は亥の子餅を作った。
ねこさん、ふつうのおもちは日本に帰ってから食べるのよ。

明日のお稽古で使う分、20個弱を作るように頼まれた。

わたしは本番に弱い。
つくばに住んでいたころ、お母さんたちの持ち寄りパーティがよくあったが、
当日になってから、作ろうと思っていた天ぷらが揚げ物鍋の中でぶっちらかって、
全滅とか。ババロアが固まらなくてドロドロのスライム状の物体になってしまったりとか。

いろいろあったので、今度もこういうものを作るのは気が重かったが、
なんとかできた。

これができれば、これからは、自分でイチゴ大福、栗大福など、いろいろなものが
作れそう。電子レンジでやればカンタン♪と思ったが、
たぶんもう作らないと思う。
だって、それ作ったって、夫とわたしの二人では、わたしがほとんど食べることになりそうだから。

糖質制限中なのだが、試食してしまった。
明日もお茶席で食べることになるだろう。
和菓子は糖質制限の敵なのだった。やっぱり自分で作るのはやめよっと。

日別画面へコメントする

11月06日(金)

起床時刻:08時16分[いま起きた]ボタンで記録されました。

暖房入るのは、10日後だというのに、
朝起きたら雪降ってる!

娘から電話があり、
わたしが夢中になってお人形さんの入院の話をしていたら、
「わたしの話も聞かないで、お人形さんの入院の話ばかりするな」といわれた。
お人形さんにやきもち焼くな。

○ネットで調べたら、
狗不理は2007年に庶民派から高級店にイメチェンし、
2014年に高級店から庶民派にイメチェンしたそうだ。
だったら、いまは客単価が若干安くなったのだろうか。
それにしても、あげたり下げたり。いそがしい店なのだ。

日別画面へコメントを読む(5)

11月05日(木)

起床時刻:22時30分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は茶道のイベントのてつだい。
今日は午前と夕方に病院に行って、そのあいだは、
茶室に行って炉の入れ替えの手伝い。

というわけで勉強進まず。
中間発表の順番はわたしが最初になるらしいが、
具体的な連絡は来ない。
いきなり「では明日にね」とメールがきそうでこわい。

時限爆弾かかえていながら、のんびりしてしまう。
明日はあさってのお稽古にもっていくお菓子づくり。
でも、勉強もするもんね。

日別画面へコメントを読む(2)

11月03日(火)

起床時刻:18時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

土日は天津に行ってきた。

二日間めいっぱい歩いた。

糖質制限中なので、狗不理の包子なんか食べない。
だって、いまどきは北京でいくらでも食べられるんだもの。
そのほか、麻花児とか、なんか蒸したお菓子とかいろいろあったが、すべて素通り。

臭豆腐があったので、それを買って歩き食いした。
まずかった。夫にひとつあげたが、「まずい。もういらない」と言っていた。
まずいからと言って残すと、夫がぐだぐだとうるさいから、がんばって食べた。
なのに、夫は完食したわたしを見て、「あ、あんなにまずいものをよく全部食べられたものだ。残せばいいのに」ときたものだ。

天津は西洋建築もよかったが、静園もよかった。
婉容と文繍のことを思うといつも切なくなる。
この邸宅の間取りをみるだけで、彼女たちの扱いにどんな格差があったのか、
よくわかる。婉容の部屋に比べると、
文繍の部屋は女中部屋とまではいかないが、かなり質素で一階の隅にぽつんと置かれている。
しかし、あとの顛末をおもうとどちらの人生も悲劇だったことには違いがない。

家に帰ってから、彼女たちについての動画を探してみて一日をぼんやりすごしてしまう。

明日は、お着物を着て、茶道のイベントに出かける。
ああ、修論はいったい¨¨。

日別画面へコメントを読む(5)