201909 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:12:56

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

09月27日(金)

起床時刻:20時24分[いま起きた]ボタンで記録されました。

2日から台北に行く予定だったが、水曜日に往路のフライトがキャンセルになってしまった。バスの中でショートメールの連絡を受けとって慌ててしまった。別の便に振り替える申請を出したが、その日のうちには決まらず、翌日の10時になってやっと前日の午前中の便に振り返ることができた。
出発が1日早まったので、もう一泊ホテルを取った。
こうしてちょっと予算オーバーの旅行になってしまったが、旅行を取り消さずに済んだ。しかし、のびた1日で何をしようかな。

日別画面へコメントする

09月24日(火)

起床時刻:20時41分[いま起きた]ボタンで記録されました。

このあたりには珍しく晴天が続いていて、まだ朝夕以外はかなり暑い。

わたしたち外国人の面倒を見る部署の担当者が北京に長期出張になり、
その間、別の若いスタッフがその代行をすることになった。
先日の外国人教師のお茶会で、彼女が「みなさんの生活上の便宜のために、
力を尽くします」と言っていたし、さらに学校所有のアパートに住む外国人教師のグループチャットでもそういっていた。
そこで、長い間、調子が悪かったわたしの部屋の台所の蛇口を修理してほしいとメッセージを送ったが、三日たっても、修理の具体的な日程を言ってこなかった。
以前ここに書いたように、家電の修理や清算などもいつもなかなかしてくれなかった学校のことなので、今回の人も口ばかりなのかと思っていたが、
昨晩、急に修理の作業員がやってきて、水道の蛇口を直していった。
しかし、彼らがかえったあと、ためしに水を出してみると、シンクの下からざぶざぶと水漏れがしている。
あわててその様子をスマホで動画にとって連絡をすると、すぐにまた作業員が来て修理をやりなおしてくれた。

彼らはやればできる人たちだったのだな。これまでは何だったのだろう。
先学期の末にアンケートで、いろいろ文句を言ったのが功を奏したのだろうか。
とにかく、これで長い間不便だった台所の水道がちゃんと使えるようになったのである。

ちょっとうれしい。中国に住んで、当たり前のことでも喜べるようになったわたしである。

〇日本のキャンプ場で行方不明になった小1の女の子のことが心配だ。
子どもは、時に子どもなりの間違った判断をして、とんでもない方向やとんでもない場所へ行ってしまうものである。

息子が四歳のころ、図書館でいなくなってしまったことがある。
息子が男子用のトイレに一人で入り、わたしはその前で息子が出てくるのを待っていたのだが、一向にでてこない。そこで、中からでてきた男性に聞いてみたが、小さい子どもはいなかったという。
わたしが目を離した一瞬のすきに、トイレから出て行ってしまったのだろう。

その後、図書館の中や周囲の公園や遊歩道をいくら探しても見つからないのである。
もし見つからなくなったのがカメラや財布などだったが、諦めて帰ってしまっただろうが、
まさか息子をあきらめて帰るわけにはいかない。
図書館の受付などいろいろな人に聞いたが、見かけなかったという。

どれくらい探したのだろうか、途方に暮れていたところ、
図書館のスタッフがやってきて、「お子さん、駐車場にいるそうですよ」と言う。
その駐車場は横断歩道を二回もわたって行くような、四歳の子どもがひとりで行くにはかなり遠いところだ。息子はその駐車場に一人でいたところ、駐車場の職員に声を掛けられ、
「ママは先に車で帰ってしまったのかもしれない」と言ったらしい。

こうして無事にこの行方不明事件は解決したのだが、普通に考えたら、母のわたしが四歳の子どもを残して車で帰ってしまうはずがないのだが、息子はなぜかトイレの前にいるわたしが目に入らず、駐車場を目指してしまったのである。

合理的に考えれば、迷子になったら、その場で動かずにいるのがいちばんなのだが、子どもは夢中になって動いてしまう。
我が家は幸いにもキャンプのようなアウトドアを好まない家庭であったから、こんどの事件のようなことになる可能性が少なかったのかもしれない。
しかし、それ以外にも、子どもが小さいときには、日常にいろいろな危険が潜んでいるものなのである。子どもが無事に成長したのは、単に運がよかっただけだと今でも思う。
今度の事件で親を責める声もあるようだが、それはあまりにも気の毒だ。

日別画面へコメントを読む(1)

09月23日(月)

起床時刻:19時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

いま帰ってきた。

今日は朝からいろいろなことがあって疲れた。

まず、バスに乗る前にコーラを買ったのがいけなかった。
座席について瓶の蓋を取ったら、中身が吹き出して、
バッグの中に流れ込んだ。膝や床にもこぼれた。

次々に乗ってくる人がわたしに冷たい視線を送ってきた。

学校に着いてから、タオルを濡らしてズボンにシミを取り、教室に向かう。
授業が始まって、カバンからノート、テキスト、メガネケースなどを取り出したが、どれもビショビショ‥。

あ、なんだか書き続けるのがつらくなってきた。
その後、色々あって、今日の仕事終了。
なんとか家に帰り着いた。長い1日だった。

日別画面へコメントを読む(2)

09月22日

起床時刻:09時36分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日の晩は、ウィーン少年合唱団のコンサートに行った。
コンサートのプログラムが始まる前に、伴奏者があいさつをしたが、
その中で何度も「静かに聞いてほしい」と言っていたのが印象的だった。

たぶん、ステージの上から見ても、中国の観客のマナーの悪さは目に余るものがあるのだろう。
何度も劇場に足を運ぶうち、わたしも次第に慣れてきて、聞きたい音だけを聞けるようになったが、
子どもはもちろん、大人の中にも家でテレビを見るときのようにべらべら話す人がいるのである。

「聞きたい音だけを聞ける」ようになったわたしだが、昨日は運が悪いことに後ろに
曲の途中で拍手をしたり、ひんぱんにわたしの背もたれを蹴る子どもが座っていて閉口した。雑音は無視できても、振動は無視できないのである。
だいたい五歳くらいだろうか。
二度ほど後ろを向いてにらみつけ「シーッ」と言ってやった。こんなことは日本にいるときはとてもではないができなかったわたしだが、最近は中国では平気でできるようになった。
二度目のときに、母親が子どもを膝の上にのせているのが見えた。つまり、わたしの座席の背もたれを蹴るのに絶好の態勢になっているわけだ。
そのとき、母親とも目があい、思わず「チッ」と舌打ちしてしまった。

そのことが奏功したのだろうか、いつの間にか静かになったなと思ったら、その親子はいなくなっていた。
そういうわけで、その後はたのしくかわいい歌声を堪能した。めでたしめでたしである。

〇前にも書いたが、今学期から新築の立派な校舎ができて、日本語学科はそちらに引っ越した。「新築」ときくと、きれいな校舎かと思われそうだが、そうではない。
一応、掃除をしたということだったが、わたしたちが荷物を片付けに行ったときには、
タバコの吸い殻やペットボトルなどがあちこちに投げ捨てられていた。
その後、さらに掃除をしたらしいが、完全な掃除を100とするならば、70くらいのできなのである。なんとなくそこここが埃っぽく、新築なのに階段などに油の汚れのようなものが付着している。もしかしたら、まだいろいろな業者が出入りしているから、その程度にしかきれいにならないのかもしれない。
 さらに驚いたことは、ホールや廊下のそこここに「禁止随地大小便」という貼り紙がしてあることだ。普通、いくらなんでも建物の中で、大小便なんてしないだろう。たぶんそれは出入りの作業員たちに対するものなのだろうし、そういうことをする可能性があるか、または実際にそういうことがあったから貼られているのだろう。

普段、大学の先生たちや学生たちと接触していると、中国人も日本人ももはやあまり変わらないのではないかとつい思ったりしてしまうが、やはり中国にはまだこういうわたしたちの想像を超えた文化的背景をもった人たちがいるのだと驚かされることがままあるのである。

日別画面へコメントを読む(5)

09月21日

起床時刻:02時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。 10時17分[いま起きた]ボタンで記録されました。

いま起きたわけではありません。
寝る前です。忙しくてこんな時間に起きているわけではありません。
生活が乱れているだけです。

授業も日本語コーナーも無事始まり、昨日(木曜日のこと)には入学式もありました。
暇になったり、忙しくなったりする毎日ですが、平準化したら暇と言えるでしょう。
しかし、やろうと思っていたことはあまりできないのです。

夫には八月のはじめに日本で会ったきり、会っていません。
わたしが中国に戻ってきてからはずっと北京にいて、この間の中秋節の連休も、
次の国慶節の休みも仕事だそうです。

そこで私は国慶節の休みには一人で台湾に行くことにしました。
学校で他の日本人の先生が「いまは中国大陸の人たちは台湾の個人旅行のビザがとれないらしいよ。国慶節は中国でも海外でも、どこに行っても、中国人観光客だらけだろうから、
台湾はねらい目かもしれないね」と言っていたのを聞いて、その夜、家に帰ってからシートリップで調べてみたら、飛行機のチケットもホテルもそれほど高くないのが残っているではありませんか。
そこでその場で旅行の手配をしてしまいました。
翌日、その日本人の先生に「わたし、もう台湾に行く手配しちゃいましたよ。」と言ったら、
その人はまだ迷っているふうでした。

まあね、女性同士なら、「ぜひ一緒に行きましょう」と言って、ホテルの部屋もシェアすれば安上がりなのですが、彼は男性ですからそういうわけにも行きません。
というわけで、一人旅です。

夫にはまだ言っていません。わたしが旅行に行くといえば、「ほっといても勝手に遊んでいるんだな」と思って、わたしを長きにわたりほったらかしている良心の呵責を感じないかもしれないじゃないですか。
もしかしたら、初めからそんなもの感じていないのかもしれませんがね。

こうして次第に離れ離れになっていくのかもなあ。

日別画面へコメントを読む(5)

09月08日

起床時刻:09時46分[いま起きた]ボタンで記録されました。

明日朝一から授業です。

夏休み中に学科の引越しがあったので、昨日は土曜日だけれど片付けに行った。
出席簿もまだできていないし、授業で使うパソコンやプロジェクターも
問題ないといいけれど、動作確認できていない。

たぶん大丈夫。きっと大丈夫。

日別画面へコメントを読む(1)

09月03日(火)

起床時刻:11時21分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今、空港です。行ってきます。╰(*´︶`*)

日別画面へコメントを読む(3)

09月02日(月)

起床時刻:06時32分[いま起きた]ボタンで記録されました。

間違いました。

3日の明日が出発です。

日別画面へコメントを読む(4)

09月01日

起床時刻:08時51分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は、そうじしてはゴロゴロし、ゴロゴロしてはそうじして1日すぎる。

帰国したばかりの頃は、カビ臭くて埃臭かった家もだんだんきれいに住みやすくなったのだが、中国に戻る日が近づいてきた。

水曜日に日本を後にすると思っていたのだけれど、カレンダーを見てみたら、2日は火曜日だ。日本にいる日が思っていたのとは1日少なかったと気づいたら、結構ショックを受けた。

日別画面へコメントを読む(6)