202006 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:10:02

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月30日(火)

起床時刻:11時10分[いま起きた]ボタンで記録されました。

akikoさん、わたしは不戦敗だわ。

日別画面へコメントを読む(2)

06月29日(月)

起床時刻:09時41分[いま起きた]ボタンで記録されました。

仕事を先取りしてやってしまおうと思っていたが、
結局、だらだらだらだらと一週間過ごしてしまう。

息子のせいではないのだが、息子が家に来るまでできていたことが、
息子が家にいた四日間を境にできなくなってしまった。

元の生活リズムに戻したい。
ダイエットもほぼ目標達成したし。BMIおよそ20.

しかし、ダイエットのやめ方というのは難しい。
食事をどこまでもどしていいか。
今のダイエット食でも、特にひもじい思いをしていないので、
このままでもいいかなと思えてしまう。
いったん決めた食事のルールを変えるのはめんどうくさい。

朝はミネラル豆乳。
昼は普通。
夜はプロテイン+ゆる糖質制限食。

もうこれでいいや。時々、ケーキとか食べたいものは食べることにして。
暑い日や雨の日が増えてきたので、ウォーキングも無理ない程度に。

日別画面へコメントを読む(1)

06月27日

起床時刻:11時20分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「kufura」というwebメディアがある。「仕事と家庭、どちらも大切にしながら忙しい毎日を送る女性のためのWebメディア」である。
働く女性を応援するメディアを自認しているらしいが、ここの記事がいちいち気に障るのである。
だったら、読まなければいいのだが、読んでしまうわたしもバカだ。

たとえば、生活の知恵などについて既婚女性にアンケートを取り、それをまとめたお手軽記事が多く、「〇〇〇を主婦に聞きました」のような題がつけられている。
そしてそれぞれの意見の後に(40歳 研究開発)(48歳 技術職)などと書かれている。
なぜ「既婚女性に聞きました」としないで、「主婦に聞きました」としてしまうのだろう。
ここでは、専業主婦のみならず、結婚したら女性は全員主婦なのである。

つまり、既婚女性は職業があるかないかは関係なく、家庭で家事を主に担うものだという主張をこのwebメディアがしているように思えてならないのだ。

ネットで調べてみると「『主婦』ということば」(広井多鶴子)という論文があり、そこに「就労して
いる、いないにかかわらず、既婚女性であれば家事を担うものだという常識が、主婦ということばには付着している。主婦は今日の結婚という制度が、もっぱら女性に対して、家事労働という再生産労働を行うよう求めていることを表すことばなのである。」と書かれている。ほらね、わたしが思った通りだ。このように思うのはわたしだけでなないのである。

わたしは「主婦」という言葉を聞くと、何か身構えてしまう。

翻訳の仕事をやっていたときに、「翻訳の価格破壊をめざして翻訳会社を興す」というアイディアがよくネット上でも見られた。「主婦に低レートで仕事を出せば価格破壊ができる」のだと。
産業翻訳は一般的にどういう属性の人がやったかは関係なく、成果物のできだけが、レートや受注量を決定する世界である。それなのに、「既婚女性」という属性に注目して買いたたけばいいということを平然と主張しているわけである。

また、ある翻訳会社のサイトに、「当社では、主婦や学生には発注していません」と誇らしげに書かれているのを見たことがある。
「主婦」=「既婚女性」であるならば、「既婚女性の仕事はあてにならない」と公言しているわけである。フリーランスの翻訳者の圧倒的多数が女性であるのに、たいした度胸である。

わたしの父などは、わたしたちが子どもだったころ、「学校の担任には男がなってほしい。女はだめだ。午後になったら、今夜の飯は何にしようかとか考えているような先生はだめだ」とよく言っていて、実にいやな気持がしたものだが、
いまでも、「家事は女性の仕事」だとか「既婚女性の仕事は片手間」だとかいう言説を疑いもなく口にする人がまだ多いのかもしれない。

日別画面へコメントを読む(4)

06月25日(木)

起床時刻:09時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。

息子が昨日帰っていった。

ずっと一人で生活していたので、この四日間はたのしかった。
もちろん、どういう生活かというと、家でビデオを見たり、外食したりで特に変わったことはないのだが。
近くのファミレスや回転ずしなどにいったが、もうそろそろ人出が回復しつつあるようだ。
そこで、食事をしつつ、わたしの独演会である。

今日は少し仕事をするつもりである。
時間に余裕があるので、やる気にならないかもしれないけれど。

日別画面へコメントを読む(5)

06月23日(火)

起床時刻:10時12分[いま起きた]ボタンで記録されました。

仕事お休み中。

まだやることはあるけど、来週になったらがんばる(つもり)。

日別画面へコメントを読む(3)

06月21日

起床時刻:10時20分[いま起きた]ボタンで記録されました。

〇一科目分の期末レポートの採点を終えた。

テーマは二つあり、そのうちの一つは、「この授業を受ける前と後で日本についてどのように印象が変わったか」である。

前から知っていたことだが、中国人が日本に持っている先入観はこういうものかと改めて愕然とする。

日本のネット情報などでもフェイクなものがあるが、わたしの知る限りでは中国のほうがもっと多い。学生がレポートに妙なことを書いてくるので、ネットで調べてみると、たいていネットに同じ内容があるのである。

こうしたものが多いのは、たぶん「何か主張したいことがある」→「具体的な証拠がほしい」→「日本では常識ということにしよう」のような思路ででっち上げが行われるからだと思う。

以前、「日本ではこのような坐月子が行われている」という記事を見つけたことがあり、
あまりにもでたらめなので、「わたしは日本人だけど、日本には坐月子なんてもとからないんですよ」とコメントを書いたことがある。そうしたら、「假鬼子!(にせものの日本人め)」とコメントを返されたことがある。

たぶん、この人は自分が「産後の養生にはこうしたほうがよいだろう」という考えがあって、それをただ書いても説得力がないので、「寿命が長く、年をとっても若々しい日本女性がおこなっている」ということにしたかったのだと思う。こういう記事はたくさんある。

話しを学校のことに戻すが、他の先生はよくテーマを与えて、学生に自分で調べてこさせるということをしているらしい。こういうことをすれば、授業の準備の手間はかなりはぶけると思うが、わたしはやっていない。どうしてかといえば、そんなことをしても、学生がネット上で誰が書いたのかもわからない根拠もない情報をコピー&テイストしてくるに決まっているからである。だから、調べ学習などやっても時間の無駄のように考えているので、わたしは今のところ自分で授業の内容をすべて用意し、それについて学生に考えさせるようにしている。

日別画面へコメントを読む(5)

06月19日(金)

起床時刻:11時26分[いま起きた]ボタンで記録されました。

つくば市で、自宅勤務中の会社員男性が次女を7時間車の中に放置して、死なせてしまった事故、悲しい。長女を小学校へ、次女を保育所に預けるために車に乗せ、
長女だけを小学校に送り届け、次女を保育所へ送るのを忘れて帰宅。その後、家で在宅勤務し、午後、長女を迎えに行ったとき、次女が後部座席でなくなっているのを発見したらしい。

うわあ。なくなった子もかわいそうだが、この人がこれからの人生をどんな気持ちで生きていくのかを想像するのもつらい。

昨日、たぬにいさんのところに書いたように、車をスーパーの駐車場に置き忘れたわたしもそんなことをやらかさないと自信をもっていうことはできない。
うちの子ども二人も疾うに成人したが、わたしの不注意でひやりとすることは数えきれないくらいあった。こんな不束なわたしのもとで無事に育ったのは、運がよかったからだとしか言えない。

なかには、しっかりした母親というのもいるのだろうが、そういううっかりものはわたしだけではないと思う。
この事故が起こったTというところは、わたしが子どもを育てていた当時は、子どもが実に多く、専業主婦として子どもを見ている母がほとんどだったので、同じく専業主婦として子どもを育てていたわたしに他人の子育てを見る機会も多かったが、結構あぶなっかしい人というのはいるものである。

しかし、今度の事故のコメントを見ると、「男性はマルチタスクが苦手だから任せられない」、「育児は、一つのことしかできない男性ではなく、やはり従来のように女性がすべきものだ」ということを言っている人が男女ともに結構な数いるのである。

こういうものは、共働き夫婦の仕事を「賃金労働 A 」、「家事育児 B 」とおおざっぱにわけ、AとBを双方するのがマルチタスクであると考えているようだが、
Aの「賃金労働」だって、ほとんどがマルチタスクではないのか。
特に、管理職などはなおさらそうだ。むしろ、賃金労働でマルチタスクでない仕事なんてあるのだろうか。

だから、男性がマルチタスクが苦手だというのは、的外れな考えなのではないかと思う。
女性でも男性でも、いろいろな状況や勘違いが重なれば、こういうことは起こりうる、ということには違いはないのである。

日別画面へコメントを読む(5)

06月18日(木)

起床時刻:08時54分[いま起きた]ボタンで記録されました。

相変わらず三時に寝て六時前に目が覚めてしまう。

昨日もうすらぼんやりしながら、宿題の作文を直していたら、
途中でUSBメモリが壊れて、アクセスできなくなった。

中には今学期作成した音声付きPPTや添削済みの学生の作文が入っている。
来年はネット授業はやらないだろうから、もういらないファイルが多いのだが、
今週採点した宿題70人分が入っている。
もう一度、宿題ファイルをシステムからダウンロードしてここまでやるには、10時間くらいかかる。

ネットを見ながらいろいろやって、最後には某ソフトの試用版で9割くらい回復できた。
でも、それまでに半日かかってしまった。

これまで、USBメモリーをテキトーに抜き差ししてきたが、あまり問題がなかった。
しかし、テキトーにやっていると、本当にこんなことになることがわかった。
これからは気をつけようと思った。回復ソフトは二万円くらいするけど、一応買っておこうかな。中国に行ってからダウンロードするとなると、スムーズにできるとは限らないから。

〇娘には「Google Drive使え」と言われた。しかし、中国でもスムーズに使えるものなのだろうか。いまのごたごたが終わったら、ゆっくり考えてみたい。

日別画面へコメントを読む(5)

06月17日(水)

起床時刻:08時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。 13時30分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日でネット授業終了。
端午節のため、来週一週間の休みがあり、その次の週が試験。
それを採点して、今学期の成績をつけたら、今学期は終わり。

しかし、ついに今学期は学校へ戻れなかったと思うと、残念。
来学期は最初から学校で授業できるかな。

〇わたしの誰とも会わない生活も、もう二か月半。
そろそろどこかに遊びに行きたい。
ネットで見たら、六月の下旬から台湾にいくパッケージツアーがある。
大丈夫なのかな。台湾は入国できるのだろうか。

長距離バスの会社のHPを見ると、レストランバスというのがあって、
バスの中でフルコースを食べながら、東京や京都の観光ができるらしい。
どんな感じだろう。行ってみたいな。
娘を誘ってみたら、「ふ~ん」と興味があるようなないような返事。
もう少し様子見てからね。

日別画面へコメントを読む(3)

06月16日(火)

起床時刻:08時43分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日やっと最後の授業用PPTをアップロードした。
中国人の先生たちが普通の授業をするようになって、この授業システムを使わなくなれば、
ビジー状態が解消されて使いやすくなるかもしれないと思っていたが、
最後までビジーで、早朝でなければなかなかアップロードできなかった。

実は、わたしの生活は乱れていて、「早起き生活」どころではない。
早朝起きてしまい、午前中はぼぅっとして過ごしてしまう。
いちおう、朝食もとれば、洗濯もするが。

その後、たいていは午後から授業があって、授業時間中は外出もできないので、
PPTを作ったり、宿題の採点をしたりする(←私の授業の場合はコレがたいへん)。
夕方になったら、ウォーキング約一時間。
その後、家に帰って、食事して入浴して一息ついて、
またぼーっとしているうちに深夜。
このあたりが自分でも何をしているのか、よくわからないのだが、とにかく時間が過ぎてしまう。娘から電話があったりすると、かんたんに一、二時間すぎる。
深夜になってから、本を読みだして、「早起き村」の人たちが起き始めるころに眠る。

では、いつ寝ているのかというと、「ぼぅっと」している時間にコマ切れに寝ているのである。こんな生活やめたい。授業が終わったら、まともな生活をすることにしよう。

日別画面へコメントを読む(3)

06月11日(木)

起床時刻:14時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ネットで「仕事と家庭を両立させるための某雑誌」の記事を読んだ。
アンケートによると「男性の胃袋をわしづかみにする料理」は唐揚げであり、これを弁当に入れると夫や息子が喜ぶそうである。

読んだ自分が悪いのだが、気分が悪くなった。
もうこういうの、そろそろやめない?

こういう記事が繰り返し少女雑誌を含めて女性雑誌に載る。そのせいかわからないけれど、
アニメなどにも女の子がお弁当やお菓子を作って男の子の気を引くシーンが多い。
だけど、その延長線上で、結婚しても「愛情の表現」として食事つくりが求められ、そのあげく女性が疲弊して、昨今のコロナ離婚増加じゃない?
専業主婦ならば分担した仕事の一環かもしれないが、共働きでも意識が変わらずそのまま妻がやって当たり前で、家でも勤め先でも働きづめになるから、家庭を持つことに希望がもてなくて少子化になるのよ。

あげくに「仕事と家庭を両立させる女性」のための雑誌が朝から唐揚げ揚げることを推奨してるって何?むりゲー推奨。本気?

仕事と家庭を両立するのを女性の課題だと思っているうちには、少子化は続くであろう。
これは家族全員で取り組まなければならない課題だと気づかないうちは、女性だけでがんばってもどうにもならない。だけどね、わたしがコメントを書き込んだら、
「だから、おめえみたいな女はもてないんだよ」とのコメントがつけられ、そこにいくつもの賛同の「いいね」がつけられた。
餌でほいほい寄ってくる殿方に興味はないので、モテるモテないとか、余計なお世話でしかない。男性にもてることがそんなに大切か。女性の価値を男性が決めるという考え自体が傲慢である。
そんなことから解放されれば、生きるのは実に楽であるのに、子どものころからこの手の考えをいたいけな女の子に教え込む社会は間違っている。(野球部の女子マネなど、唾棄すべき存在である。)
まあ、モテるために料理とか、そんなレベルでしか考えられない人の意識が変わるまでに、日本は滅びるであろう。

日別画面へコメントを読む(2)

06月10日(水)

起床時刻:10時20分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日、カイロ大学が例の人の卒業を証明する声明を出した。
記事のコメント欄を見ると、多くの人が卒業を疑問視してきた側を批判している。
これで世の中の流れは、YKに有利になり、次期の知事も続投することになるだろう。

わたしは先日読んだ本をうのみにしているわけではないが、
この人の学歴はこれまではやはり詐称だったのだろうと思っている。
今回のカイロ大の声明は、金だかコネだかしらないが、なんらかの忖度の結果、卒業を追認したものなのだろう。これで嘘が真になってしまい、嘘を暴いた側が嘘つきということになってしまった。本の著者はこれからは不当に扱われることになるだろう。実に気の毒だ。

しかし、天网恢恢疏而不漏というじゃないか。こんな無理が通って道理が引っ込む事態がいつかは終わるはずと思いたい。

〇最近は出かける時に、家にストックしてあった使い捨てのマスクをしている。
これは以前にネットで50枚3000円台で買ったものである。
自分で作った布製のマスクに比べると涼しい。しかも、このマスクは粗悪品だ。もしかしたら不織布ではなくて、「紙」なのかもしれない。袋から取り出す時の軽い感じのカサコソいう音がいかにも紙。妙にパリッとした手触りもなんとなく紙。たとえて言うならば、キッチンペーパーとか、ペーパーナプキンみたいな感じである。
でも、今となったら、マスクは単なる「社会のルールに従っていますよ」というアピールにすぎないのだから、これでもいいのである。使い終わったら、まともなものを買いたい。

日別画面へコメントを読む(4)

06月09日(火)

起床時刻:08時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ぶっとんだねこさんは、知らないうちに猫好きだと気取られるそうだ。

わたしもなぜか人前では表さないようにしているのに、「ブタ、お好きですよね」と言われる。
たしかに好きだ。わたしと娘はブタ好きである。
家の中には、ブタ柄の足ふきマットだとか、鍋敷きだとか、タオルだとかいろいろある。
人にはそんなことは言わないが。

しかし、ブタ好きだとどこかで知られていて、ブタの形をした饅頭だとか、その他こまごまとしたものをもらうことがある。
いつばれたのだろう。

日別画面へコメントを読む(1)

06月08日(月)

起床時刻:08時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日も涼しい。

ネットで冷感スヌードというものを買ったが、
思っていたのと違ってうまく巻けないので、自分でハサミで切って、
マフラー状にしてしまった。
1900円だったのだが、昨日、百均で同じようなものを見つけてまた買う。

100円と1900円でどこが違うのかわからないが、
100円のほうは惜しげがないので、これで夏用マスクを作るつもり。

科目によっては今週で授業が終わる。そして、来週ですべて終わって、その次の週が端午節と試験前の準備で一週間休み。月末から来月初めにかけて試験。

少し暇になったら、また断捨離するつもり。
おもいがけず日本に長くいることになっていろいろなものを買ったので、
増えた分、前からあったものを捨ててさっぱりしたい。
ホームベーカリーや炊飯器も捨てる予定。

日別画面へコメントを読む(3)

06月07日

起床時刻:08時23分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨晩は涼しかった。
今もすずしい。

昨日、ネットでイルメールのイーマリーちゃんを予約してしまった。
一か月待ち。ドレスは買わなかった。
おばさんなのに、こんなのを買うのはちょっと気が引けたので、
娘の分も予約してあげようと思って連絡したが、断られた。
五人姉妹のどれが届くかわからないので、二つ買って気に入ったほうを自分のにして、
もう一つを上げようかと思ったのだが。
C/Maryちゃんだといいな。どれでもいいけど。

人形が着いたら、お人形さん遊び。
楽しみ。

〇そういえば、アベノマスクが来た。
特に小さくなく、普通の大きさだった。
いらないので、ネットで回収場所を探したが、近所にはないようだ。
試験がおわったら、ほどいて洗ってアイロンかけて普通のガーゼに戻すと思う。
そうやってしまっておけば、台所で何かを漉したり、けがをした時に使ったりできるかもしれないから。

日別画面へコメントを読む(3)

06月06日

起床時刻:08時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日、美容院に行って、カットとヘアマニュキュアをしてもらった。
さっぱりした。
家の鏡で見ると、まだきれいに見えるが、美容院の鏡に映ると、頭頂部にちらほら色の抜けた髪の毛がある。前回2月にマニュキュアしてもらった後は家で自分でやっていたのだが、やはり美容院でやるほどきれいにはできない。

帰りは日差しが強くて暑かった。晴雨兼用傘は持っているが、途中の店に入って100%遮光傘というのを買う。傘だったら中国に何本かあるのにまた買うことになりくやしい。

こんな時期まで日本にいると思わなかったから、暑くなってしまうと買わなければならないものがいろいろある。どれもこれも中国のわたしの部屋にあるのに、買わなければならなくて、くやしい。

日別画面へコメントを読む(2)

06月04日(木)

起床時刻:07時15分[いま起きた]ボタンで記録されました。

一年の中頃になってから、手書きのスケジュール帳を買った。
スケジュール帳はここ何年かiPadで代替してきたけれど、やはりアナログな私には手書きがいいみたい。
30日記入できるダイエットダイヤリーが終わったので、引き続き何かに記入を続けたいのと、
毎日のこまごまとしたことをメモするのに使おうと思う。

わたしはそういえば、そうやってチマチマ書き込むのが好きなのだった。

〇昨日、息子にある用事があって電話をしたところ、「サービスデザイン推進協議会」の話しになった。百合子さんもひどいが、やはり安倍もとんでもない。
アベノマスクのあやしい金の動きだけでもうんざりしたが、こんな謎の組織を作り、国民が必死の思いですがろうとしている持続化給付金まで食い物にして、またしてもなけなしの国の金を落としていたとは。こんな残酷なことができるとは、こういう人たちは、常人とは頭のできがちがうのかしらね。

日別画面へコメントを読む(4)

06月03日(水)

起床時刻:08時00分[いま起きた]ボタンで記録されました。 09時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

手作りマスクをずっと使っていたが、これをして外を歩くと暑くなってきた。
買い置きの使い捨てマスクがたくさんあるので、これからはそれを使おうかと思う。
紫外線も強くなってきたようなので、マスクではなくてファイスカバーにしようかとネットで物色しているが、こうしたものを使っている人はうちのあたりでは見たことがなく、かなり勇気がいりそうだ。もう少ししてから買おう。

日別画面へコメントを読む(2)

06月02日(火)

起床時刻:13時36分[いま起きた]ボタンで記録されました。

引き続き「女帝 小池百合子」を読んでいる。
Kindleで購入すると本のボリュームがわかりにくいが、意外と大作なのかもしれない。

あまりにもひどいエピソードが多いので、読み進むにつれて、気分がわるくなってきた。
特にアスベストや水俣病の被害者への対応は、あまりにも人を馬鹿にしすぎていて、読んでいる私まで泣きそうになった。私個人としては、学歴詐称よりもこのあたりの内容のほうがショックだった。やだね。こんな人が本当にいるのか。

世の中って(いきなり世の中語りのわたし)、こういうタガの外れたとんでもない人がまともな人を容赦なく蹴散らしていることって多いよね。
悲しいけれど、理性がない人というのは、いつでも理性のある人よりも、強いのだ。

日別画面へコメントを読む(2)

06月01日(月)

起床時刻:08時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

試験の問題や模範解答、答案用紙などは作り終えた。
しかし、その分、PPTの作成は遅れた。

仕事が終わったわけでもないのに、「女帝 小池百合子」をKindleで購入。

しかし、ちゃっかりしているなあ。
自分ファースト。平気でちゃっかり嘘三昧。
上昇志向のために、見境なく利用できそうな人に取り入る。

こういう人はどこにでもいる。
たくさん見てきた。
しかし、そういう人だって、せいぜい会社の中とか、学校の中とか、
そういうところで少しでも自分に有利に動いているだけ。
国政のレベルでこれをできるところが、さすが百合子さん。
常人にはなかなかできることじゃない。

わたしみたいな小物にはどうしてそこまでして上り詰めなきゃならないのか、
わからないけど。
普通の人の人生には、ささやかだけれどそれよりも大事な「矜持」があるからね。

たとえば、彼女は「カイロ大学卒業」という嘘をついただけでなく、自ら「首席で卒業」、「大学院への進学を薦められた」とそれを上塗りしていくわけである。
ついてしまった嘘から目をそらさず、さらに一つ一つと嘘の道を突き進んでいく。
面の皮どんだけ厚いのだ、百合子さん。常人は嘘一つついてしまったら、「あちゃー、嘘をついてしまった。こんな私は人としてどうなのか」と恥じ入るものなのに。

いずれにしても、こういう人にかかわった人たちには、「ご愁傷様」としか言いようがない。身近な人ばかりではなく、この人をまた知事としていただくことになったら、都民全体に(わたしは都民じゃないけど)「ご愁傷様」と言わなければならなくなるだろう。

日別画面へコメントを読む(4)