202008 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:10:38

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月26日(水)

起床時刻:10時55分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ネットで買ったミシンが届いた。
以前に翻訳をしていた仕事机の上を片付けてミシンを置こうと思う。

〇春月ねいさんのところにも書き込んだが、
ネットで「FAKE」という映画を見た。佐村河内守の側にたって作ったドキュメンタリー映画である。監督は佐村河内の側にたっていて、佐村河内夫妻の信用も得ているようだが、
そこで描かれる客観的な事実をみると、やはりこの人たちはまともではないと思えてくる。
最後に佐村河内が部屋にこもってシンセサイザーを使って新しい曲を完成させ、「佐村河内は作曲ができるのだ=ゴーストライターに代作させたという事実はない」ということの証左としようとしているようだ。レビューを見ると、それをみて「やはり彼の才能はあったのだ」と思う人と、「あれをみれば素人程度の能力しかない」と思う人がいるようだ。わたしはそれを判定できないが、作曲はできるにはできるが、かつて騒がれたほどの天才ではないというのは確かなのだろう。

これを見てから、YOUTUBEにアップロードされているNHK制作の「魂の旋律」という彼を紹介する番組を見ると、よくもみんなこんなものを真に受けたものだと笑えてくる。彼の猿芝居の数々に本当にNHKのスタッフも騙されていたのだろうか。ネタとして話題になりそうだったから、怪しいと思いながらそのまま引き返せなかったのだろうか。

それにしても、この映画と番組を見て、いちばんきみがわるかったのは、彼ではなく、彼の妻だ。典型的な貞淑な妻なのだが、彼の猿芝居をある程度は見抜いていないはずはなかったのに、その邪な上昇志向を支え続けてきた彼女はどんな人なのだろう。それとも、際限なくエスカレートする夫の虚偽のふるまいに合わせるうちに、引くに引けなくなり、自分で自分を騙すようになったのだろうか。嘘とわかってみれば、佐村河内は実にくだらない。彼が繰り出す言い訳もレベルが低い。普通の人だったら愛想をつかしそうだが、そんな邪悪な意思に清らかそうな忠誠心で尽くす女。どうしてそんな男性に自分の人生をそこまで添わせることができるのだろうか。ほんとうに気味が悪い。興味があったら「FAKE」見てください。

日別画面へコメントを読む(3)

08月25日(火)

起床時刻:10時35分[いま起きた]ボタンで記録されました。

和裁苦戦中。

中国のビザは学校がインビテーションをだしてくれればとれるようになったようだが、
飛行機のチケット激高、くわえて隔離中のホテル代などなど。
こうしたものが問題になっていて、学校はインビテーションを出してくれない。

もういいや。なんだかどうでもよくなった。
ここでできることのうち、やりたいことをやる。

というわけで、ミシン注文した。まだ来ないけど、来たら何作ろう。

〇ほとんど毎晩、娘と長電話している。
それで何を話しているかというと、「つまらないなー、何かおもしろいことあった?」ということばかりである。
娘は、「盆休み+会社の出勤率を減らす週間」で寮にほぼ二週間いたらしい。
ネットで漫画をダウンロードしては「つまらない」と文句を言っている。
つまらなければ読まなければいいと思うのだが、ほかにすることもないのだろう。
理系で専門とは関係ないけれど、ひまつぶしに簿記の勉強でもしてみようかと言う。

まあ、なんでもやればそのうち役に立つこともあるだろう。
わたしも、いつもの生活ができないならできないなりに今の生活を有意義に過ごしたいが、
それが何かよくわからない。 

日別画面へコメントを読む(2)

08月21日(金)

起床時刻:10時50分[いま起きた]ボタンで記録されました。

リビングの大きいテーブルの上に浴衣の反物が広げておいてある。

ずいぶん前から少しずつ裁断したり、印付けをしたりしているが、
なかなか進まない。

和裁の本についてきたDVDを見ながらやっているが、その中に登場する和裁の先生は大きな長い和裁用の作業台をつかっていて、どうやら直接その上でコテも使えるようである。すこぶる手際が良い。それに対してわたしのほうは、使いにくいダイニングテーブルの上で慣れないことをしているので、ひんぱんにDVDを止めなければならない。

とても疲れるので、すぐに中断してしまう。

市販されている浴衣作りなどを説明した本には二種類あるようで、
一種類はわたしが購入したような本来の和裁のやりかたで裁断や印付けなどをしていくものであり、もう一種類は、型紙が付録についていて、洋裁のようにその型紙の通りに印付けや裁断をするものだ。
洋裁と和裁とでは、裁断と印付けの順番が違うようで、これからずっと和裁をやろうと思わないのであれば、型紙付きのほうを買ったほうがよかったのかもしれない。
ネットで調べてみると、和裁ではこの印付けまでが難しいと書かれていた。
印付けをやってしまえば、縫うのは好きなのですぐできあがりそうな気がするが、なかなか印付けが終わらない。テーブルの上にいつまでも長々と浴衣の反物を広げておくのは嫌なので、早くやってしまいたいと思うのだが、今日もまだ手をつけていない。
浴衣ができるのはいつだろう。

日別画面へコメントを読む(2)

08月20日(木)

起床時刻:06時21分[いま起きた]ボタンで記録されました。

08月19日(水)

起床時刻:09時32分[いま起きた]ボタンで記録されました。

NHKオンデマンドの月間み放題にお金をはらって、
ねほりんぱほりんのまだ見ていないものを見た。

月末まで見放題なので、ヒストリアとかを見る予定。

リカちゃんの服を作りたいが、浴衣を放り出してあるので先にそちらをやろうと思うが、
DVDドライブ買ったのに、DVD見ながらやるのがなんとなく面倒。

リカちゃんとイーマリーはテレビの前のコーヒーテーブルの上であおむけに倒れている。

日別画面へコメントする

08月17日(月)

起床時刻:08時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は、おととい完成させたのとは違う生地で、同じ形のワンピースをもう一着作った。
朝から初めて夜までかかって一着作ってしまった。
しかし、鏡の前にたってみると、こちらのほうは薄い黄色の生地なので、透けすぎる。
そこで夜になってからあまり布でぺチパンツを作りはじめて、途中まで作ったところで力尽きた。

服を作るのは楽しいが、いちばんやりたいことではない。
いまの環境の中でできることのなかでいちばん楽しいことである。
早くこんな生活が終わりになればいいのに。

日別画面へコメントを読む(2)

08月15日

起床時刻:16時37分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日、リカちゃんのワンピースを完成させて、今日、自分のワンピースを完成させた。
自分のワンピースはダブルガーゼで作ったので、着るとすごく気持ちがいい。
色はすみれ色。ヤフオクで生地を買ったので、届いたときにはネット上でみた色合いと違ってわたしの好みではないと思ったが、できたものを着てみると意外といい感じ。

ダブルガーゼの生地は他の柄のも買ったし、まだたくさんある。
でも、一着縫ってみて、ダブルガーゼはとても縫いにくいことがわかった。
縫っていると、どんどんほつれてくるし、ずれてくる。
ネットでみると、最初にスプレーのりでパリッとさせておくと裁断や縫製がしやすくなるということだ。何事にもコツがあるのね。次はそれをやってみよう。
でもとりあえずは一休み。

浴衣も裁断してほうってあるし、これでは浴衣ができるのは秋だろう。
買ったDVDドライブで和裁の本の付録DVDを再生してみたら、どうやら問題なく見られるようだ。

それにしても、いつになったらわたしは中国に戻れるのだろうな。
またネット授業をやるのはもういやだ。
SNSで見ると、中国では普通の生活にほぼ戻っているようだ。
日本で何もできずにいるなら、中国のほうがましかも。

日別画面へコメントを読む(2)

08月14日(金)

起床時刻:11時48分[いま起きた]ボタンで記録されました。

相変わらずダラダラ縫物しています。

日別画面へコメントする

08月09日

起床時刻:07時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は本を見ながら浴衣の反物を裁断して印付けをしてみようと思った。
裁断するために布を屏風状に折りたたむのだが、テーブルの上ではできないほど広い場所が必要なので、
リビングのラグを片付けて床の上で畳んだが、布がずれてくる。こんなやり方だと誰がやってもある程度ずれてしまいそうな気がするのだが、和裁は多少ずれてもいいのだろうか。思い切って裁断したが、やはり二枚ある身頃の布を重ねてみるとずれていた。
このあたりでやる気がだいぶ失われたが、気を取り直して、印付けにとりかかったが、
本に載っている図が細かくてよくわからない。
この本にはDVDがついているのでそれを見ようと思ったが、なぜかうちのテレビに取り付けてあるDVDプレーヤーでは再生不能。プレーヤーが壊れているのかと思い、家にあった他のDVDで試してみたが、そちらは再生できる。パソコンで再生してみようと思うが、いまのわたしのパソコンにはDVDのスロットがないので、Amazonで外付けのDVDドライブを購入。

…というわけで、和裁チャレンジはDVDドライブが来るまで一時おやすみ。

日別画面へコメントを読む(5)

08月07日(金)

起床時刻:08時26分[いま起きた]ボタンで記録されました。

浴衣地も送られてきたし、糸も買った。
しかし、和裁の本を開いてみたら、最初から面倒くさそうなことが書いてあったので、
気力が充実しないいまは浴衣を縫うのは延期。
本のレビューには「まったくの初心者でも縫えました!」と書いてあるのに。

ヤフオクでまた布を買った。これで夏用普段着ワンピースを二着作るつもり。
いまはとりあえず余り布で枕カバーを縫っている。

日別画面へコメントを読む(4)

08月06日(木)

起床時刻:09時17分[いま起きた]ボタンで記録されました。

手芸をするときにフリクションペンは便利だ。

ボールペン式のものと、フェルトペン式のものがあり、
刺し子などをするとき、細かい図案を書くのにはボールペン式が使いやすい。
服をつくるとき、模様のある布を裁断するのにはフェルトペン式のほうが使いやすい。

わたしは、一時期、フリクションペンをたくさん買い、学校の作文の添削などにも使っていた。
そのうち、フリクションペンしか使わなくなり、手帳にメモをする時にも使っていたが、手帳とお茶のボトルをいっしょにバッグの中にいれていたため、気が付いたらボトルの熱で手帳にかきこんだメモが消えてしまったことがあった。

そのときはあわてたが、今思えば冷凍庫に入れればよかったのだな。
覚えておこう。

日別画面へコメントを読む(4)

08月04日(火)

起床時刻:16時51分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日も服作り。

家にあった糸が布と合わない色なので、炎天下の中を買いに行った。

そのほか、シャンプー、パイプクリーナー、ゴミ袋なども買わなければならないが、
暑いので明日買いに行くことにした。
明日のほうがもっと暑かったらどうしよう。

服作りは楽しい。洋服だけでなく、「和裁の基本」という本も買った。
和裁をするためにいろいろ揃えるべき道具が書いてあるが、ちょっとやってみたいだけなので、とりあえず新しく道具は買わないで、今ある道具でやってみることにした。
印付けようのへらやへら台などが必要だと書いてあるが、印付けは今まで通りフリクションペンでやるつもり。ネットで調べてみたら、フリクションペンでやっている人もいるみたいだ。
この本ではまず単衣の着物を作ることになっているが、したてのわるい着物を着る気にならないかもしれないので、とりあえず浴衣を作ることにした。浴衣なら、したてがわるいものを着ても許されそうな気がする。最悪、家で寝間着として着ることもできるし。

日別画面へコメントを読む(5)

08月02日

起床時刻:14時22分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日も縫物。仕事みたいにやっている。
昨晩からやりはじめて、ノースリーブのブラウス作り終えた。
しかし、これにあわせるスカートなどがないので、それも作らなきゃ。

夕方になって少し涼しくなったら布地を見に行く予定。

日別画面へコメントを読む(4)

08月01日

起床時刻:07時54分[いま起きた]ボタンで記録されました。

手縫いの本を買って、ワンピースとズボンを縫った。
ズボンは薄い布でパジャマのズボンみたいな感じにして、夜寝る時にはくために作成。
ワンピースは本のなかでとりあえず好きなデザインを選んで縫ってみた。こちらは七分袖なので、盛夏に着るのにはちょっと暑いかも。

そろそろ暑くなりそうだが、こんな時期まで日本にいることは想定していなかったので、
着る物があまりない。
そこで手持ちのワンピースの袖を短くして夏仕様に作り替えたりしたが、それでも数が足りない感じなので、かんたんな普段着のワンピースを二着くらい作ってみようかと考えている。

クローゼットから何十年も前に買ったミシンを出してみたが、エンジンが回る音がするけれど、使えなかった。考えてみればミシンで縫ったら、時間つぶしにはならないので、手縫いで頑張ってみることにした。買ってもいいと思ったが、いつまた日本を離れることになるかわからないし、いまはミシンは品薄らしく買っても届くのは一か月先になるものが多いようだった。だったらとりあえず手縫いで。そのうち急に飽きるかもしれないし。

日別画面へコメントを読む(2)