201712 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:05:32

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月13日(水)

起床時刻:05時41分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「シクラメンを自家受粉させた」


今朝、ハッと気がついたらシクラメンの花弁(花びら)が丸ごと落ちていた。
シクラメンは我が家で育てている花の一つ。
昨日の強風に煽られて落ちてしまった・・・


で、
落ちた花弁をよく観察すると、まだ「雄しべ」がついていた。
シクラメンは、”1つの花に雄しべと雌しべ" がある雌雄同体の植物。


この花弁を指でつまむと、煙のようなものがモワッと出てきた。
この煙の正体は「花粉」。


なので、
この花粉をモワ〜っと出してやり、雌しべにいっぱいかけてやった。
これで「自家受粉」の完成!
子孫よ、血統を継ぐのだ!!

日別画面へコメントする

12月12日(火)

起床時刻:03時02分

「坊っちゃん」の衝撃


小学生の時に読み、衝撃を覚えたのが
「坊っちゃん」by 旧千円札の方(夏目漱石)
 である。

小説の冒頭で、

”二階から飛び降りる”
”刃物の切れ味を確かめるために、親指を切り落とそうとする”

など、坊っちゃんらしい無鉄砲さを示すエピソードが続き、
ぐいぐい引き込まれた。

こんな無謀な人間が世に存在するのか、と驚愕したのだ。


・・・が、いた。
私の高校の同級生にもいたのだ、同じ無鉄砲なやつが。
彼は学校の二階の窓から飛び降りたのだ、リアルに。

残念なことに、着地した時の衝撃で彼は膝を痛めてしまったが、
あの勇姿(と無茶)は今でも忘れない笑


(余談だが
夏目漱石の作品は、青空文庫というサイトで公開(無料)されている。)

日別画面へコメントする

12月11日(月)

起床時刻:05時40分

「リンゴ酢を手作りするぞー」


毎朝、リンゴ酢を飲んでいる。
1年で合計すると4,5リットルは飲んでいる計算だ。

で、
そろそろリンゴ酢のレベルを上げたいな、と思い。
手作りすることに決定!


有機リンゴ3キロと米酢とガラス瓶4リットルを購入。
あとは、氷砂糖さえ入手すれば材料が揃う(私の家には砂糖がない)。


これらの材料を混ぜ混ぜして静置すれば、
勝手に発酵してMyリンゴ酢が完成するのだ!フォー!!


手作りのリンゴ酢は漬け置きに数ヶ月かかるらしいので、
完成までは首をキリンにして待つっきゃないなー。


リンゴ酢を作り置きし終えたら、
次のチャレンジは手作り味噌になりそう。


味噌は熟成に1年かかるらしいので、
気長にやるしかないのう。
忍者のような忍耐が求められる。ニンニンっ!

日別画面へコメントする

12月10日

起床時刻:05時48分

12月09日

起床時刻:03時43分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「手裏剣」と「イケメン」


イギリスの友人(女性)に、
遊びで日本語を教えてくれと頼まれたことがある

私の脳裏に浮かんだ単語は「Ninja(忍者)」だったが、
既に彼女はNinjaという言葉を知っていた

なので
「Shuriken(手裏剣)」
という言葉を教えた

”手裏剣”は忍者が使う武器で、
throwing knives(投げるナイフ)なんだよ、と

すると、友人は大喜びで
「Shurike-nn!!」
を連発していた(笑)

その単語、ぜっっっったいに使わないから、忘れていい!と念を押したが・・・
よほど気に入ったのか、
それ以降は私と会う度にShuriken!と言うようになった(汗)


それと
もう一つ、彼女に教えた日本語があって・・・

それは
「Ikemen(イケメン)!」

で、日本のCool guyのことで
「イケてるメンズ」の省略形だ、と説明

すると彼女は急に笑いだし、
街で男性を見る度に
"Ike-me-nn!"
と発するようになってしまった(困惑)

笑ってくれたのでいいが、
ちょっと風変わりな日本語を教えてしまったかもな
と思う

日別画面へコメントする

12月08日(金)

起床時刻:06時00分

「ニンニクを頭に塗る!?」


以前、インド人と接する機会があった。


ある日、キッチンに入るとインド人が
せっせとニンニクを切り刻んでいまして。

「ニンニク、何に使うんだい?」

と尋ねると、

「頭に塗るんだよ〜」

という答えが返ってきて、仰天したことがある。

そのインド人は妙齢の女性なのだが、
ニンニクを頭に塗ると毛にコシが出て、髪が生える(?)
みたいなことを言っていた。
古くから伝わるアーユルベーダの教えなのだとか。

ちなみに彼女は癖毛だがふさふさしていた。



「ニンニクは臭くないのかい?」

と、思わず聞いてしまったが、

「ノープロブレム(問題ない)、後で洗い流すし」

との返事。

ニンニクは使い用、ということなのか。


世界は・・・・広大だ。

日別画面へコメントする

12月07日(木)

起床時刻:03時54分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「炭」で歯を磨いてみた



前から気にはなっていたものの、
なかなか試す機会がなかったこと。

それは

「炭で歯を磨く」

こと。

歯磨き粉代わりに炭を使えば
歯の汚れが取れるとの話を小耳に挟んだ。


なので、早速購入した竹炭を
歯ブラシにつけて磨いてみたのだ。


見た目は、
”習字で使う墨汁”
を口の中にドバッとばら撒きましたー!
という感じ。


で、
歯磨きの途中に口を大きく開けてみれば・・・


「お歯黒だああ!!」


歯が真っ黒クロスケではないかっ


いえーい、これで私も貴族じゃあ!


・・・平安時代ならな(笑)



ちなみに竹炭の歯磨き粉に、
ホワイトニングの効果があるかどうかは検証中


なんかアレば、また報告したいと思いマッス!

日別画面へコメントする

12月06日(水)

起床時刻:07時45分

「イノシシ作戦」


ホテルのスタッフが、
「今年はホテルにイノシシが入ってきたんですよ〜!」
と興奮気味に話してくれた


イノシシは自動ドアから入ってきたらしい
自動ドアのセンサーって、イノシシでも反応するんだ(笑)


よおっし、イノシシが出たら捕獲しよう!
と私と相方は張り切っていた


どんぐりをエサにしておびき寄せるとか
モップでやっつけようかとか
作戦を練っていた



・・・が、イノシシ現れず



たぶん現れても、捕獲するのは無理だったと思うが(笑)

日別画面へコメントを読む(2)

12月05日(火)

起床時刻:06時30分

京都の旅。

東寺、南禅寺、比叡山延暦寺まで遠征した。

1日で何回お参りをしたんだろうかっていうくらい
お参り三昧。

ってか、
延暦寺って一つの寺じゃなかったのかい。

延暦寺って実は寺の集まりのことで、
全部周るのにめちゃ時間かかる(汗)

日別画面へコメントする

12月04日(月)

起床時刻:06時00分

「1日1食にチャレンジ」の続き。



1日1食の時に食べていた内容は・・・


1.豆腐
2.味噌汁


以上、であります。


固形物を取ると胃腸が動いて頭の回転が鈍るので
柔らかい豆腐と汁物のみ。


この2つの食品にプラスして摂ったのが

「プロテイン」



なぜ、プロテインを摂ったのかというと・・・



昔10日間ほど1日1食をやった時に、
かなり腕が細ったことがあったから。
1−2cm細くなり、ガッカリ。


食事を減らす(量も減らす)と著しく筋肉が減るので、
(なぜ脂肪は減らないんじゃあー!)
今回は、前回の反省を活かし
プロテインを摂りましたとさ。



で、1日1食の結果は・・・
まあまあでした。

腹が減ってグーッとなる以外は、
頭も冴えるし、やることもグングン進むし、快調。

豆腐・味噌汁・プロテインのトリオはなかなか良いです!

1日2食ぐらいにしてもいいかな、と。
力士も1日2食だし。


そーいえば、
私が今まで出会ってきた人の中で、
1日1食の人は一人もいなかったのだが・・

いらっしゃいました。


1日1食のお方、fujiko大先生が。
いつか1日1食の秘訣を伺わねばなりませぬのう。

日別画面へコメントを読む(2)

12月03日

起床時刻:06時00分

「1日1食にチャレンジ」


・・・4日間ほど、1日1食に挑戦した.


いや、正確に言えば
「このままいくと、予定日までにやる事が終わらないぞっ」
という状況だったので、
1日1食にせざるを得なかっただけで。


いつも時間が足りなくなりそうな時は、
他の事をバンバン削ることになる。

基本的に
以下の順番で、エイヤーと切り捨て御免をしていった

1.娯楽を諦めーる
仕事が終わってからのお楽しみを
しばらくお預け

犬だって「マテ」と言われれば、エサを食べるのを待つことができる
私も忠犬のようにお楽しみを待つのだっ

2.朝の運動を辞めーる
ハードな運動をすると、かなり意志の力を使うというか・・・
なのでスキップ!

3.風呂に入るのを捨てーる
シャワーだけで済ます、カラスの行水みたいなもん


※睡眠だけは絶対に削れない、頭回転しなくなるので


上記の1〜3をやって時間が足りない場合は、
最終手段として

「1日3食から、1日1食に減らす!」

という苦渋の決断を下すことになる、
今回がそうだった。


そして。


あ、
長くなったのでまた今度書こう(汗)

日別画面へコメントする

12月02日

起床時刻:06時00分

「渋柿で舌がハアハアする」


舌がハアハア。

いや、大真面目な話で。



相方に「柿をやるよ」と言われたので
柿を口に放り入れてみると・・・・


「グガアアアア!」

完全に舌、そして味覚が変になったどす。
なんていうか、舌に粉がはりついたような感じ。

水で舌を洗っても元に戻らない(汗)



結論。

渋柿は、食べる前に干さねばならんぜよー!

ということでっさ。


食べる前に、渋柿かどうか見分ける方法ってあるのかな・・・


まいいや。

渋柿は手強いぞ〜
チャンチャン。

日別画面へコメントを読む(2)

12月01日(金)

起床時刻:06時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

オスの儚さについての話、の続きを。

さて、
オスとメスがお見合いイベントで
互いに品定めをするのだが。


だいたいは、
オスが近くにいるメスに言い寄っていくことになる。

メスに対して
「デートしましょう」
って提案するわけだ。

んで、
言い寄られたメスは、返事がOKである場合は
その場でじっとしており、なすがまま。

逆に、このオスはアカン!と思った場合は
ダッシュで逃げる(汗)


・・・なんていうか、
とて〜もわかりやすいですな(笑)



で、
めでたくオスとメスとのカップルが成立した後の話。


オスがメスと共に生活する動物を除けば・・・


たいていオスは”用済み”となる(涙)


餌も取ってこないし、子育てもしないんなら、
そうなるのは仕方ないワナ。


交尾後のオスは、
アバヨっ!という感じで去っていくか、
その場で力尽きて倒れてしまう。

「やることはやったぞ!」
という達成感に包まれるのか、
それとも
「オイラの使命は終わった・・・」
と思うのかはわからないが。


たとえその年にカップルが成立しなくても、
次の年にまたお見合いをガンバレばいいじゃないか〜
という話もあるが、
オスにそんな余裕はナッシングっ。

動物の寿命は短いので、1年という年月は重い。

もし1年後に再びお見合いに参加するとしても
年を取りすぎてヨボヨボになっているはずだし、
メスへの自己アピールも届かないだろう(汗)


・・・そんなこんなで、
オスという生き物は、
一年に一回やってくるイベントに向けて
せっせと毎日生きているのである。


あ、もちろん人間や一部の哺乳類は違うヨ!




・・・では最後に、
激しい婚活(?)の末に果てていった
オス達に手向けの言葉を。


「オスどもや 兵どもが 夢の跡」

日別画面へコメントする